--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


◆励みになります◆
      ↓

2009年06月09日 (火) | Edit |
【陛下、突発性発疹か!?】

陛下の愛称でお馴染みのチビさん(1歳)が、
6月2日夕方、急な高熱に襲われた。
チビさんの召使いであるユトさん(39歳)は、
「添い乳してると突然熱くなったんです。
計ってみると、38.5度もあったんですよ。」と驚きを隠せない。
尚、宮城県警の調べによると…


えー、3面記事のノリで始めてみましたユトです。
警察とか普通に調べてないからね。
ノリだから。ノ・リ☆
後ね、「召使い」の部分は誤植だね。正しくは母親。

冗談はさておき、結論から言うと、突発性発疹と診断されましたー。
ちなみにチビはもう元気です。一件落着。


で、チビ、初めての病気&発熱だったわけで。
誰かしらの参考になるかもしれないなーと思ったので、
とりあえずまとめてみました。



1日目 夕方の添い乳中、突然の発熱38.5℃。思わず体温計を二度見。
     病院つく頃には39℃。夜間、40℃という数値を叩き出す。
     私でさえ39年間出したことない数値。

2日目 朝~日中は37.5℃という微熱レベルで元気に過ごす。が、 
     夕方からまた38℃越え。深夜40℃。しんどいのかグズったので初座薬。

3日目 日中は37℃チョイ。夕方くらいから平熱に。もしや落ち着いた?
     と思いきや、朝方から39℃越え。

4日目 病院で計ると39度強。念のためと血液検査。結果、数値に異状なし。
     夕方、昼寝から覚めると、37℃台に。心なしか額に発疹がパラついてるような…。

5日目 熱はスッカリ平熱をキープ。顔面と背中、腹にブワーッと赤い発疹が。
     キター!よかった突発だ!と、心中にてガッツポーズ。
     
6日目 発疹ピーク。超ピーク。そして激しいグズリが始まった。
     え、今怒るとこあった!?って思うくらい突然怒り出したり泣きだしたり。

7日目 再度病院へ。ドクターから突発性で間違いないですね、と診断が。
     発疹が出てから殆どの赤ちゃんがグズりますから心配しないで、との
     頼れるアドバイスが。


えーと、以上が発病から完治までの流れでした。


【突発性発疹】…高い熱が3~4日続き、熱が下がると同時に、
           おなかや背中に赤い発疹が出る病気。


いやー、まさにそのまんま。見事なほどにそのまんま。


で、突発中のチビの様子なんですが、
深夜の40℃以外は、案外元気でした。
日中もいつもどおり遊んでたし。(動きは鈍かったけど)
心配だったけど、親としても結構冷静でいられたし。

ただね、熱よりもね、発疹出てからのグズりの方がメッチャキツイから。
普通に車転がしてたと思ったら急にンギーッ!!!って泣きだしたりさ。
ちょ、え、何が!?みたいなことばっかでしたから。

でね、とにかくオッパイ。
グズグズグズグズ隙あらばオッパイ。

ユトさんのティ首、オーバーワークもいいとこ。
時間外労働もいいとこ。
また残業ですかー、みたいな。
昼休みも返上ですかー、みたいな。
ヤバイって、労働基準局から差されっから。
ああ、ユトさんのティ首、チビのせいで過労死寸前。

でもね、チビの気持ちもわかる。
初めての発熱でさ、HPは減るわ、ビックリしたわ、
ブツブツでるわで不安だったよね、きっと。
だから多分オッパイオッパイだったんだよなー。


で、今回初めて「病気」という名目で病院にかかりました。
予防接種や健診を任せてる、第一の「かかりつけ」へ。

1日目の診察では、おそらく突発だとは思うけど、
いくら小児科医でも発疹を確認してからの診断になり、
どうしても結果論になってしまう、と説明されました。
そして、突発性発疹の経過を十分説明してくれたうえで、
家庭でのケアの方法も丁寧にアドバイスしてくれました。
そして、「高熱のせいで頭がおかしくなることは絶対ないから」
との心強いお言葉が。(これ一番心配だし)(ほっ)

そして耳の中を確認して首のリンパを触診。

ただ、風疹麻疹の予防接種後、ちょうど7日目に当たってるので、
活性化したワクチンのせいでの発熱の可能性もある、との事でした。


で、2回目の受診。
発熱してから4日目。熱は39℃。
突発だとそろそろ熱が下がると思うんだけど、
もし万が一、他の怖い病気が潜んでるといけないから、と、
念のために血液検査をすることに。でチビ、初採血。

泣いた。泣いたよ。
でもこれは、私の「ハァハァ枠」から外れた「泣き」なので、
心中穏やかじゃなかったです。(親ごころ)(ほろり)

採血が終わったと呼びにきた看護師さんと一緒に部屋に入ると、
ベッドの上の看護師さん(馬乗り押さえつけ担当と思われる)と、
横に立ってた看護師さん(採血担当と思われる)が、グッタリしてた。

「泣かせちゃってすみません~」だなんて気遣い…
あんたらプロや…っ!(目頭押えながら)

で、チビに至ってはチョー元気。
俺あばれてやったぜ!みたいな勢いで元気。
ゆるめのバイバイも忘れない。


血液検査の数値は問題なしでひと安心。
ドクターも、おそらくこれから熱が下がって、
発疹が出てくると思います、との事。


で、土日を挟んだ7日目、3回目の受診。
間違いなく突発性発疹でした。

「チビくん頑張ったね~、もうこなくて大丈夫だからね~」と、
笑顔でバイバイしてくれるドクターやら看護師さんがいるこの病院、
信頼できるなぁ、と思ったね。

兄ちゃんドクターのいる第二のかかりつけといい、
病院に恵まれてよかったー。


それにしても今回の初めての病気でしみじみ思った。
子供が元気じゃない姿って、ほんと、ヤダねー。


笑顔で髪の毛引き千切られても、
内クルブシにミニカー落とされても、
元気だから許す、と思っちゃいます。(痛みに震えながら)(泣)



スポンサーサイト


◆励みになります◆
      ↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。