--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


◆励みになります◆
      ↓

2009年07月08日 (水) | Edit |
最近のチビ、暇さえあればバッブーバッブー言ってるんですけど。
ユトさん、バブバブ言うのはイクラちゃんだけだと思ってた。
リアル赤ちゃんも本当に言うんだね。
また一つ、勉強になりました。


という訳で、意外にも無口な男だったチビ。
ア、ア、アとかダ、ダ、ダ、くらいのボキャブラリで、
笑う時も大半はニヤリ、が定番だったんですよね。

それがここ最近ね、違うこと喋り出した。


「たいたいたいたい」


喋り出したっつっても、「は?何だって?」のレベルだし。
意味とか全然わかんないし。
つか、意味とか無いだろ的な方向で、
適当に「うんうん」相槌打ってきたんですよね。


で、この間、判明した。

チビ抱っこして、外見ながら遊んでた時、
たまたま電車が通ったんですよ。
もうね、大興奮。
普段、ニヤリ程度で笑いを流す男がね、
ゲヒャゲヒャ大喜びしちゃったくらいにして、
尚且つ、溢れだす喜びを抑えきれずに、
私の首の頸動脈をギーッって握りしめたんですよ。


ユト 「痛い痛い痛い痛いっっ!!」

チビ 「たいたいたいたい(チョー笑顔)」


純真無垢な、くったくのない笑顔で、
一点も曇ることのない透き通る双眸を私に向けつつ、
左手はクリティカルに頸動脈という急所を握りしめてくる息子の、
輝かしい未来を垣間見た気がしました。ドSの。

「痛い」っつー単語を覚え始めたって事は、
かなりの頻度で「痛い」っつー単語を聞いてるって事じゃないですか。

うん、どんだけ言わされてんの私、っつー話。


でもさ、これ、マズイよね。
わかりやすいようにシミュレーションしてみようか。


「チビ君て、初めての言葉何だったの?」

「あ、【痛い】です。」

「え…(ドン引き)(やや青ざめぎみで)」


ねぇ、絶対さ、「虐待」の二文字とか想像されちゃうよね。
こんな小さな子が「痛い」を最初に覚えるだなんて、みたいな。
あそこの母親、要観察ですね、みたいな。

んで、児童相談所とかから常にマークされたりしてさ。(笑)


いやいやいやいや、(笑)じゃないから。
全然笑えないから。


うん、「痛い」は避けよう。
まだ間に合うはず。

そうだ!
「好き」とか可愛いよね。
初めて覚えた言葉は「好き」です、みたいな。


よし、今度から痛い時に好き好き好き!って言おう!


ギャーッ!好き好き好きーっ!!(痛みに震えながら)


………。


いやぁ…それもどうかと思う…。



スポンサーサイト


◆励みになります◆
      ↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。