--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


◆励みになります◆
      ↓

2009年07月12日 (日) | Edit |
突然ですが、私、本来の利き手、左です。

え、何その突然のカミングアウト、みたいになってますが、
実はユトさん、子供の頃、父親にメッチャ叱られながら矯正されたくち。

でー、
おかげさまで!つっていいのかどうかわかりませんが、
見た感じ、右利きっぽくなりました。

でもね。
チラリチラリと本来の利き手がね、やっぱ地味に主張してます。
食事はホボ左手の一人舞台。隙みてチョロっと右手に出番が来るくらい。
左手の方が箸を綺麗に持てるので、外食時はほぼ左手に頼ります。
だって、箸の持ち方綺麗な方が絶対見栄えいいし。(ええ格好しい)
あと、ボウリングは右だけどビリヤードは左。
今はやめちゃったけどタバコもライターも左。
んで、電卓は左。マウス操作は左右どっちでもバッチコーイ。


つかさ、改めて気づいた。
あんなに叱られながら矯正されても、
結局こんなに左手使ってるってことに。

でね、ここでのポイントは、
結局左利きを完璧に右利きにできなかった、ってとこじゃなくって、
矯正されたのが、たかが1~3歳の頃のことなのに、
私の中に鮮明な記憶で残ってるってとこ。

左手を使うたびに、父親に怖い顔で叱られたこと、
コントロールしづらい右手を使うことに対して、
どうして?という思いと、左なら上手にできるのに、とイライラしたこと、
叱られて、悲しくて嫌な気持ちになりながら、
左手から右手に箸やペンを持ち替えてる時の自分の心境が、
今も鮮やかに記憶されてるんですよね。


だから、1~3歳はまだ小さいから、って侮れないと思う。
ほんと、全然軽視できない。

39年経った今でも忘れてませんよ私。(執念深いとか言わないの)



でー、長々と何が言いたいのかというと、
チビにはそんな思い、させたくないなぁ、ってこと。(イイ事言った)

あ、ここ大事だから。
今のとこ、テストに出っから。(出ません)(つか、何テスト)



んで、私、フと思ったんですけど、利き手って遺伝すんの?

ちなみにユトさんの父方バアチャン、生粋の左利き。
右手の入りこむ余地、皆無なくらいの左利き。
で、ユトさんの母親は左利き。

そんでもって、結果なんですけど、
姉貴も子供の頃、矯正を受けつつも、
ペンと食事以外は左の出番、かなり多い。
妹は、若干左利き要素、あり。

やっぱ両親ともに左利き要素があると、
子供も左利きの確率、上がるのかなぁ。
それとも、全然関係ないのか。


ちなみに、チビ。
まるっと右利き系な家柄の旦那ッチと、
左利き系な私の血を引いてることになるんですがー…。


今んとこ、イイ感じに両方使ってます。


うん、何かね、利き手がどっちなのか楽しみだなー、なんて思っただけ。
実は、ただそれだけ。テヘ。


何つーか、子供の成長って、次から次へと楽しみ出ますよねー。


ちょ、何か久々に育児ブログっぽい発言キタ。ワオ!(親指立てながら)



スポンサーサイト


◆励みになります◆
      ↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。