--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


◆励みになります◆
      ↓

2009年07月25日 (土) | Edit |
こしたり潰したり、あーでもないこーでもない、と、
試行錯誤しながら始まった離乳食。


あれから数か月。
離乳食状況も、もう適当かなり終盤に差しかかってきました。

ご飯は大人と一緒の硬さで。
大好きなパンはモリモリ耳まで。
さらに大好きな玉子焼きや、チーズなんかも、
一心不乱に食べてる。(瞳孔開き気味で)

まだ濃い味付けや焼き肉系、
シャキシャキな野菜系とかはあげてないけど。


でね、一番大きな変化は、
ひな鳥みたいにただパクパクしてたチビが、
一人で食べれるようになったってこと。


チョー鷲掴みだけど。


いやいやいや、手掴み食べってさ、
噂に聞いてたから覚悟はしてたけどさ、
ワイルドさ、ハンパないよね。

例えばバナナ。
自分で持ちたがるから半分渡してみるんだけどさ、
普通に全部突っ込もうとするから。
オエッてなって、また出してるから。

ユトさん、チビがマーライアンみたいにオロロロロロローって、
クチからあんなモノやらこんなモノ出しちゃうんじゃないかって、
気が気じゃない訳。ほんと、勘弁して。(目頭押えながら)



【適量】 … ほどよい分量。適度の量。‹国語辞典(大辞泉)より›



えーと、チビ、適量とか完全無視。


「は、適量?何それ。うまいの?」くらいの認識。


つかさ、適量とか覚えられるの?この人。
ユトさん、若干心配になってきてるんですけど。
直径3センチくらいのオニギリ全部クチに入れようと、
手のひらで抑え込みにかかった時、思わず神に祈った。
「ジーザス!この子に未来を!」みたいな。

実家、禅宗ですけどね。

でも、ユトさん保育園で3年間キリスト教だったから大目に見て。テヘ☆


つかさ、何かヨギッタの。
もう少し大きくなったらさ、オカーサン見て見てー!って言いながら、
ミカン丸ごと1個クチに突っ込んだりするアホな子になったらどうしよう、みたいな。


……あれ?


何かデジャブ…。



あ、それ、子供の頃の私でした。


やっべー。
うっかり遺伝とかしませんように。



スポンサーサイト


◆励みになります◆
      ↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。