--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


◆励みになります◆
      ↓

2009年11月25日 (水) | Edit |

どうにもこうにも更新頻度が落ちがちなブログですが、
ほんと、大丈夫ですか?(私が)

つか、この調子だと、マジ雑草とか生えかねない。

テンプレートとかコレっぽっちも変えてないのに、
「今度のテンプレートは緑で和みますね」とかコメントあったら、
それ、間違いなく雑草だから。


さて。

実はこの前、地鎮祭だったんですよ。
うん、「我が家」 の。(謙虚に出てみた)

当日、おかげさまで太陽が顔を出しましたよ。
うん、全てにおいて私の行いの良さゆえと思わ(以下自粛)


まぁ、準備中はね、そりゃぁチビが神座の下をくぐってみたり、
「鍬入れ」用の砂山崩そうとしたりで、
ユトさん冷や汗で脇汗グッショリでしたから。
神様に、バチあてられるんじゃないかって、
まだ全然始まってもいないのに、
別な意味で緊張感ミナギってましたから。


そんな私の心中をよそに、宮司さんによって
いよいよ地鎮祭が厳かに始められたわけ。

えーと、晴れてた空が急に暗くなってきたんですよ。
でさ、祝詞奏上が始まるとさ、雨がパラついてきたりしてさ、
おまけに若干風も強くなってきたんですよ。

ぶっちゃけね、怒り買ったのかと思った。神の。


そりゃもうありとあらゆること考えた。
チビの粗相が神の逆鱗に触れたんじゃないかとか、
何か心構えがよくなかったんじゃないか(旦那の)とか、
日頃、バチ当てられるような行いがあったんじゃないか(旦那が)とか、
さまざまな可能性とか走馬灯のように脳内グルグルした。

ちょ、マジ凶兆じゃね?みたいな。

神事は滞りなく進み、いよいよ「鍬入れ」が始まったんですよ。
ほら、設計者施工者施主一丸となって、
順番に「えいっえいっえいっ」の掛け声とともに
カマで穂刈ったり鍬で耕したりするフリするやつ。
これ、大事よね。

なのにさ、なんかね、ここにきていきなり、
チビの真似したい欲求がね、MAXになったみたいでね。


一緒になってね、エイッエイッエイッとか言ってるし。
しかもエンドレスで。

本来ならね、おおっ!チビが真似した!って喜ぶシーンなわけ。
だってチビってば言葉とか真似しなかったんだもん今まで。
初めてじゃね!?っつーくらい、ハッキリ喋ってたわけ。

でもさ、何で今なのよ、みたいな。
あまりに可愛らしく(親バカビジョン)、且つ、可笑しくて、
ユトさん神聖な空気の中で笑い堪えるのに必死だったから。
肩とか軽く震えてたね。
つかさ、ニヤける顔を制御できない。

結果、うつむきっぱなしでチラ見しかできなかった。
地鎮祭だなんてもう二度と経験できないだろうにガッデム。


陛下お戯れをっ…(神様に懺悔しながら)



ああ…。
ほんと、神様ゴメンなさい。
怒りも炸裂でしょうね。

と、かなり「終わった感」タップリのユトさんだったんですけど、
宮司さん曰く、多少の雨はいいんですよ~、との事。
ほら、雨降って地固まる、みたいな。

ありがとう宮司さん。
慰めかもしれないけどお心遣い、感謝します。


それにしてもチビめ。
神聖な場で私の笑いのツボを突きやがって。
久々にマジ焦った。(笑い上戸です)


我が子の成長も嬉しいですが、
神様が快く承諾してくれたか心配ですトホホ。

どうぞ無事に家が建ちますようにー。


スポンサーサイト


◆励みになります◆
      ↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。