--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


◆励みになります◆
      ↓

2011年06月27日 (月) | Edit |

もうずっと前から「モンモン」としている事がありまして。

いや、「モンモン」というよりは、「モヤッ」とかな。


この話題は、触れようか触れまいか、かなり迷いましたが、

やっぱり記事にしておこうと思いました。正直な気持ちなので。




3月11日の大震災による福島原子力発電所の事故。

私の住む地域は、原発から100キロ程の場所に位置するわけですが、

あの日から、「安心」が当然だった生活は一変しました。


正直、この世で地震が一番怖い!と言い切ってきた私でさえ、

「地震に対する恐怖や不安」を、「放射能に対する不安」が大きく凌駕しました。


ほんと、最近じゃ震度3くらいじゃ何とも思わなくなったしね。

昔は1、2レベルの揺れでさえ立ち上がり、

耳をふさぎながらその場足踏みをしてたというのに。(ハイ、そこ笑わない)

幸か不幸か鍛えられましたよ。人は慣れるものなんですね。



まぁ、それはさておき、五感で感じられないものほど恐怖を煽ります。

まして、私の記憶が確かであれば、

学校の授業で「放射能」とか「放射性物質」とか詳しく習ってないし。

シーベルトやら半減期やらテストにも出た記憶ないし。

ストロンチウム?セシウム?そんなのあの日まで知らなかった。

つか、習ったとしても覚えてなかった。

私の中では日常生活で意識する必要のない知識だったわけ。


正直、メルトダウンっていう単語自体、

SF小説の中の出来事でしかなかったんですよ。

まさかね、自分が経験するだなんてね、ほんと、未だに夢だと思いたい。


「知識が乏しい」ということが、余計に不安を煽るのだと思うんですが、
今まで何も考えずに米を炊き、野菜を買ってた日々は一転して、

米や野菜を洗いながら、この水、大丈夫なのかなとか、

スーパーでよくある、無料のミネラルウォーターを、

ペットボトルに汲みながら「この水、大丈夫?」と考えたりとか、

惣菜のコロッケ食べながら、このジャガイモ、どこのなんだろう?とか、

このオヒタシに使われてるニンジンってどこの?ほうれん草は?とか、

フッと吹き抜けるんですよ。

モヤッとした不安が。


いやいや、きっと大丈夫でしょ。

でもそんな保障どこにある?

ちゃんと検査通ってるだろうし。

ほんとにその産地なわけ?

まさか偽装なんて。


もうね、買い物しながらこんな自問自答のくり返し。


チビと散歩しながら浴びる爽やかな南風も、

「気持ちいいね~」から「もしかして放射性物質とか紛れてるかもな」

なんて思うようになってしまった。

「疑心暗鬼を生ず」ってこんな感じなんだろうな、と。



でもさ、確実に言える。

あの日から、ボンヤリした感じで隠ぺい気味に小出しに出してきた情報は、

哀しいかな、決して良い方向へと向かうことなく、

安全で平和だった日常生活を一変させ、

専門知識のない一般人の不安に拍車をかけるとこになったわけで。




私はいいんです。外部だろうが内部だろうが被ばくしたとしても。

年齢上、発症するのが早いか、死ぬのが早いかって感じだしね、ハハハ。


何しろ、学校行って、勉強して、友達ができて、恋もして、仕事もして、

大切な人ができて、結婚して、子供も授かった。

いろんなことを経験して、現在進行形で幸せに過ごしてる。



ただね。

チビを含む、これからの子供達の未来は?って思うわけ。

大人と違い、それが原因で発症すると数年後っていうじゃないですか。


数年後て。

まだまだ全然人生これからどころの騒ぎじゃない。

まだまだ何も経験できてない。


何も悪いことなんてしてないのにさ。

ただ、純粋に、生きるために望まれて生まれてきただけなのにさ。

なんだか、ひたすらイタタマレナイ気持ちになるんですよ。




まぁ、クヨクヨ考え過ぎてても仕方ないんだけどね。

こういう世の中になってしまったのだから。


出来る範囲で、神経質になり過ぎずに、

やれる事をやろうと思います。

チビ達の人生の為に。



十数年後に、「取り越し苦労でヨカッタよね~」なんて、

明るく笑って過ごせてたらいいなぁ、と、強く願ってます。



スポンサーサイト


◆励みになります◆
      ↓

コメント
この記事へのコメント
1. 同じです…
遠く離れた関西でさえ、同じようなこと思います。
風や雨で中国やアメリカまで、放射能物質が飛ぶとか聞いたら、そりゃビビります。
自分たちはそれなりに生きてきましたが、お嬢や坊ちゃんのことを思うと…
関西地方で土曜の朝にやってる番組で「内部被ばくは食で防ぐ!!」ってのをやってました。
もうね、ハハ、くぎ付け。
そちらでも放送してるのか分かりませんが…

最後に
「心配することは免疫力を下げること。
きちんとした食事をして、免疫力をUPさせて放射能と戦える体を作ることが大切」
と仰ってたのが凄く印象的でした。

申し訳ない0!長くなりました…(;一_一)
調理法とか載ってるので、良ければ見てみてください~
http://www.ytv.co.jp/wakeup/special-report/sr_set.html?date=20110625&number=2
2011/06/27(Mon) 15:06 | URL  | けんはは #79D/WHSg[ 編集]
2. 本当に。
私、大学で放射性物質扱う研究室にいたので多少の知識はあるんです。
専門家ほどでは全然ないんだけども、それでもあの地震当時原発の状況を見れば、おそらくメルトスルーしている可能性まで疑いました。
レベル6ぐらいかな?って。
なのに政府は最初レベル4とか寝ぼけたこと言ったり、他国からの冷却材の提供を断ったり、もうアホか、と。

で、結局はかなりピンチな事態であった訳で。
無駄なパニックを避けるには多少の情報規制もやむを得なかったとも思いますが。
ただそれならそれで、情報公開する時に『いや~隠しててスイマセン!』ぐらい言って欲しいなぁ。
もう政府発表の情報はことごとく信用できなくなりました。

うちは九州なので、地震なんて全然ないし放射性物質の飛来もまず問題ない、電力も今のところは安泰、それって本当に幸せなことなんですよね。

まず何より早期の事故終結を願う限り。

大人は発ガンだなんだっつっても、放射能よりこれまでの生活習慣の方がリスクとしては大きいけれど、子供はそうはいかないですもんね。
細胞分裂が盛んなほど放射能の影響を受けやすいですからね。
私も自分はともかく、子供を連れて関東に帰るのがぶっちゃけ嫌です。

本当にユトさん一家含め早くみんなが安心して暮らせるようになりますように!
2011/06/27(Mon) 17:23 | URL  | なや #79D/WHSg[ 編集]
3. フクザツな気持ちですよね。
はげしく同感です。
茨城県民(しかも県北)なもので、線量は高めです。ただ、いわゆるホットスポットほどではありません。
近隣市町村には、原発もあれば、原研もあり、もんじゅと同じ高速増殖炉(実験炉でしかもトラブル停止中らしいけれど、ヘタにいじれない状態らしい)もあるんで・・・さかのぼればJCOの事故の時も屋内退避を経験しているし、今回のことで、本当に不安が常にあって、穏やかでいられなくなってしまったなって・・・
子どもたちの寝ている顔とか見ると、発症することなく、普通に大きくなってほしい。ホント、成人式迎えたあたりに「あの時は大変だったんだよね~」くらいに笑っていられたらって、切に願うばかり。
原発は全て廃炉(その処理だって大変なことなのが微妙)してほしい。電気代あがっていいから。平和利用するなら、医療方面だけで十分じゃないかと思う。それでなくても日本地震多いんだから。
2011/06/27(Mon) 22:45 | URL  | luca #79D/WHSg[ 編集]
4. 何を信じたら
かなり前に一度だけコメント致しました,隣の市に住むちょこです。

ユトさんの記事に同感!

私は結構開き直ってごく普通の生活を送っていたのですが,
震災から月日が経つほど,何を信じて情報を得ればいいのか分からなくなってきました。

近所でも,全く普段と変わらない人もいれば,
昨日の異変(ニュースで報道しないのが不思議だけど)に反応して子どもの学校休ませる人もいる。
近くの公園では,震災前は子どもたちであふれかえっていたのに,
今はほとんどいない。
私は時間を決めて,外に出ちゃいますけれどね。

結局,最後に判断するのは親。
誰のせいにもできない。
だからこそ,正しい情報を得たいのに,
その正しい情報はどれ?っていう今の状況。
本当に難しいですよね。

神経質になりすぎてもいけないけれど,
何かあっては遅すぎる。

私もできる範囲でやっていこうと思います。

2011/06/27(Mon) 22:50 | URL  | ちょこ #79D/WHSg[ 編集]
5. >けんははさん
そうなんですよね!
人って放射性物質を徐々に浄化できるみたいだから、
心配し過ぎのストレスなんかで免疫力低下するから、
元気に過ごすのがいいみたいですよね。

サイト、早速お気に入りに登録しました!
チビが昼寝した時にでもジーックリ読みたいと思います!
教えてくれてありがとう~(^O^)
2011/06/29(Wed) 08:19 | URL  | ユト #79D/WHSg[ 編集]
6. >なやさん
おおっ!
なやさん、そんな専門知識があるんですね!すごーい!
確かに大人はね、贅沢品食べ過ぎたり、飲酒、喫煙なんかの方が、
遥かに心配するネタですよねww
ほんと、子供はね、放射能の影響、うけてほしくない。
世界中の全ての子供たちに。
ほんと、早く終息してくれ!って思います。(>_<)
2011/06/29(Wed) 08:22 | URL  | ユト #79D/WHSg[ 編集]
7. >lucaさん
>本当に不安が常にあって、穏やかでいられなくなってしまったなって・・・

これ、わかります。
以前のノー天気な感覚でいられなくなっちゃった。
買い物行くたびにモヤッとするんですよ。
いつの日か、安心できる日がくるんだろうか…(・.・;)

子供たちが大人になった頃、
「昔あそこの島は日本って言って、美しくて豊かな国だったんだ。
 今はだれも住めなくなってしまったけど…」
なんて会話がなされてない事を祈りますよ。
ほんと、医療方面だけで十分素晴らしい活用だと思う。
欲張りすぎはいけないと思うなぁ。
節電しようっと。
2011/06/29(Wed) 08:34 | URL  | ユト #79D/WHSg[ 編集]
8. >ちょこさん
コメント、ありがとうございます(*^_^*)

この辺は、放射能にたいする温度差が人それぞれ別れてますよね。
だからあまり、放射能気にしてますって、話題にしずらいww
気にし過ぎ!って思ってる人もいるしね。
ただ、五感で感じられないから、不安がぬぐいきれなくて…。

仕方ない、という気持ちもあります。
守りきれないかも…という気持ちも。
もう、子供達の生命力の強さに委ねるしか
無いのかもしれません。
できる範囲でやってって、あとはもう、祈ろう、と。(^^ゞ

はやく終息してほしいですよね!
2011/06/29(Wed) 08:40 | URL  | ユト #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。