--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


◆励みになります◆
      ↓

2008年11月07日 (金) | Edit |
最近、ジャンピングゥ(勝手に命名)に目覚めたチビ。

両脇を支えて抱き上げると、待ってましたとばかりに、
私の太ももをビョンビョンと蹴って飛び上がるんですよね。
チビの気が済むまで。(ガクガクブルブル)

まずね、9キロっていう数字、踏まえて。チョー踏まえて。
んで、

ジャン! (小さく持ち上げる)
ピン! (2回目の小さく持ち上げる)
グゥー!! (腕力の限界まで高く持ち上げる)

チビ 「エッエッエッンゲゲゲゲッ!!(狂喜乱舞)」


って、やってあげるの。
一回でやめると泣くから。
チビの気が済むまで。(ガクガクブルブル)(2回目)

ね、わかるでしょ?
肩とか腕とか大胸筋プルプルのダルダルだから。
大胸筋矯正サポーターも効かないから。
あ、ブラだった。(LOVEゴールデンエッグス)


そんなこんなで、
本気でチビと遊ぶと物凄い疲れる。(本気出し過ぎ)

誰か回復呪文唱えて。(ベホイミ以上で希望)


つか、自分が魔法使いになりたい。
そしたらラリホーとか唱えて、
一発でチビ眠らせるのに。


そんな事、真剣に考えてたら、
私の膝を足掛かりにチビが前進しました。
おっ、親を足蹴にっ…(恐ろしい子)(白目で)


チビといっしょ生活

ちょ、イダダダダダ!!
何その殺傷能力の高そうな力強いつま先!
一瞬にして妄想の挟間から引き戻された。


………。


ラリホー!(寝ろーっ)


…………。


ふ、効くわけないじゃん。
まだレベル低いから覚えてないし。(そうじゃない)



スポンサーサイト


◆励みになります◆
      ↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。