--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


◆励みになります◆
      ↓

2008年12月09日 (火) | Edit |
本日、6~7ヶ月健診へ行ってきましたよ。

まずは保健師さんと面談。
以前は1~2回だった夜中のフニャ…が、
6ヶ月入った頃から頻繁になった事を相談。

乳首を咥えたらすぐ寝るので、特に問題なく、
成長の過程で今はそういう時期だと思うので、
様子を見てくださいね、との事。
そうか、んじゃ、様子見よう。(仕方ない)(愛ゆえに)

んで、最近のチビの様子を質問形式で確認。
授乳回数とかね、ウンチの回数とかね。


保健師 「知ってる人に笑いかけたりしますか?」

ユト 「知らない人にも笑いかけるんですけど…」

保健師 「え、グフッ…そうなの?チビくん、ウフフ…」


ちょ、別にウケ狙った訳じゃないんですけど。
そんな笑わないで下さいよ。

あとは、寝返りの様子見たり、腕引っ張って起こしてみたり、
カランコロンと綺麗な音がするラトルっつーの?昔でいうガラガラ。
それに手伸ばすかなー、掴むかなー、みたいな発達の確認ね。

結果、発達良好とのこと。
ただね、おすわりがまだできないので、
おすわりの練習法を伝授してくれました。
よしよし、帰ったら遊びがてらやってみようっと。

でー、事件はここから始まったんですよ。
会議室じゃない!事件は保健センターで起こってるんだ!みたいな。

「じゃ、次は身長体重はかりますからねーあちらの方で…」
と言いながら、チビの手から奪われたラトル。刹那。


うえぇぇぇぇぇぇんっ!!


ええええっ!?
何その強奪された被害者みたいな勢い。


ユト 「それチビのじゃないでしょ?返さなきゃダメなんだってば!」

保健師 「ごめんね、気に入っちゃったのね、ごめんねぇ…」

チビ 「うわぁぁぁぁぁんっ!おぉぉぉんっ、おぉぉぉぉぉんっ…」


えーとね、この後、終始グズリっぱなし。
グズグズグズグズ、隙を見つけては泣く始末。

どうしたのかなー?という保健師さんに経緯を話すと、
それは自我がかなりしっかり芽生えてる証拠ですよー、凄いですねー、
って、褒められたんですけど。(それより鎮める方法を教えてくれ)

悪目立ちしたのか、歯磨き指導の場で、歯は生えましたか?と、
皆の前で質問され、4本生えてます、と答えたら、
周囲のお母さんたちからどよめきが。
ちょ、何かイロイロ恥ずかしいんですけど。

つか、チビ、泣き声デカすぎ。
歯磨き指導、全然聞こえ…な(ガフッ)(心の吐血)(私がな)


何つーの?
ちょっと油断してたね私。

BCGしかり、3~4ヶ月健診しかり、ポリオ接種しかり、
今まで公共の場でトラぶった事なかったからさ。(チビがらみで)

グズる赤子がこんなに手ごわいとは。(ゴクリ)(額を流れる汗を拭いながら)

正直、勘弁してって思った。
冷や汗&脇汗全開になったしね。
焦りで私の心拍数とか血圧、かなり上がってたと思う。
思わずドクターに、チビじゃなくて私を健診してくれ!って言いそうになった。

こいつ、手ごわい男にならなきゃいいが…(床を転がってネダる等)


あ、チビは身長70センチ、体重9300グラムでした。
成長が緩やかになってきましたねー。


そうそう、離乳食の指導もあったんですが、
恥ずかしながら出された試食、モリモリ食べちゃいまして。
あ、私じゃないですよ、チビがですよ。

保健師さんから、もう7倍粥にして2回食にするように指導されました。

えええええっ!!
どーすんだよー離乳食作りーっ!!(ガクガクブルブル)





スポンサーサイト


◆励みになります◆
      ↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。