--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


◆励みになります◆
      ↓

2008年07月09日 (水) | Edit |
本来ならば、元気な男の子ですよー!の声と共に、
臍の緒がついたままのカンガルーケア&私の手による臍の緒切りという、
なんとも素敵なイベントへ移行する予定なんですよ。

が、しかし。


ドクター 「赤ちゃんチョット元気ないから待っててくださいね~。」


視線を向けると既に臍の緒の処理が終わったチビを、
スタンバってたと思われる小児科のドクターが隣室へ連行。

ふにゃ…ふにゃ…と聞こえる弱々しい猫の子みたいなこの声は、
もしや私のチビの声!?

え、何?何がどうなってんの?え?え?え?


ほぎゃーっっ!!うぎゃーっ!!うぇぇぇーっ!!!


数秒後、隣室から大音響が。
ドクターに連れられてチビ参上。


ドクター 「はい、大丈夫ですよ~。本来のカンガルーケアと、ちょっと違っちゃったけど…
      大丈夫。目合わせて声かけてあげて。しばらくそうしててね~。」


少し赤紫色したグンニャリと柔らかく湿ったチビが、
私の肌蹴た胸元へうつ伏せに置かれた。
      
少し前まで腹の中に居たチビが、今私の胸の上に力なく伏せているのが、
何とも形容しがたい、不思議な感覚。


ユト 「はじめまして…お疲れさん、大変だったね。」


チビに初めて掛けた言葉は、労いの言葉でした。

そして、シパシパと眩しそうに瞬きをするチビを観察。
ナデナデしたり、名前を呼んでみたり、クンクンしてみたり。
なんか茹でたジャガイモみたいな匂いだな。

そんなことを考えてる途中、右腕に何やら注射を打たれ、
左手の甲には点滴が。

フ、と気づくと、ドクターが私の腹をグッグッと押しながら、
臍の緒をグイグイッと引っ張ってます。
その度にジョバジョバ出てくる何か。

血か?血なのか?

出産って結構血ィ出るんだなーなんて思ってると、
しばらくしてドクターの手により、胎盤がブリリンと引っ張り出されました。


ドクター 「ユトさん!すっごい立派な胎盤ですよ!700グラムもある!」

ユト 「へーっ…」


うん、なんつーの?
リアクション困るよね。
私、もっとテンション上げるべきでしたか?
イヤッホー!スッゲー!!みたいな。


その後、チビを胸にグンニャリと乗せて抱っこしたまま、
チクチクと切開された傷を縫合されつつ、
今回の出産のイロイロを説明されたんですよね。

まず、出血が500ccで、かなり多かったこと。
出産直後の子宮の収縮が悪く、胎盤が後産として自然に出なかったこと。
チビが中で酸欠状態になったこと。
産道が思った以上に狭かったこと。
本来、切開しない方針だが、急を要したため切開したこと。
出血の原因を調べるため、胎盤を検査に出すこと。


そして、分娩中、ドクターと助産師がゴニョゴニョしてたのは、
いかにチビの安全を確保するか、っつーことだったわけ。(ぎょえー)



ふーん。
出産て、棺おけに片足突っ込むようなもんだって言うけど、
ほんと、下手すりゃ命がけの大仕事だなぁ、なんて思ったり。


後日、戻ってきた母子手帳の分娩経過の欄見てビックリ。


自然 圧出分娩 (胎児仮死)


胎児仮死!?

うっわ!
仮死…仮死!?
怖い単語だなー…。

ま、いいや。
こうしてチビも元気だし。


後日、1ヶ月検診で説明されたんですが、
陣痛時からの出血は早期胎盤剥離が原因だった模様。

うん、普通は陣痛で出血ってしないんだって。
どうやら、通常、赤ちゃんが出てから剥がれる胎盤が、
陣痛開始後、割かし早い時期に一部分が剥がれたっぽい。
んで、出血過多、合間の無い陣痛、チビの酸欠に繋がったそうで。

うーん。
今回の出産、私よりチビの方が全然大変だったよね。
あの狭いとこ通ってさ、圧出分娩だからドクターにケツ押されてさ、
トドメに酸欠て。

それに比べたら、肛門から岩を出す如きの痛みだとか、
出血500ccとか、会陰切開とか、たった数日間の痔なんて、
全然大した事無いよね。
なんぼのもんじゃい!だよね。


チビよ。
ほんと、よく頑張りました。

私と旦那ッチのもとへ生まれてきてくれて、
本当にどうもありがとう!(よし、綺麗にまとまったー!)



スポンサーサイト


◆励みになります◆
      ↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。