--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


◆励みになります◆
      ↓

2016年10月01日 (土) | Edit |
おしい。
実におしい。
もう少しで月刊でいれたのにギリギリアウト。
ユトですこんにちわ。

最近、社長がソワソワしてたのは気づいてたんですよ。
あーあそこの現場始まっちゃうなどうすっかなーとか、
人足んないなー参ったなーとか言ってるから。


「ユトさん…」

「私は面子にカウントしないで下さいよ。」

「えーやっぱ?仕方ねぇな~俺行くか~あっはっはー」

「あっはっはー」


みたいな会話がなされたわけなんですが、
うん、その会話を最後に、めっきり社長と会ってない。
マジ、現場出てる模様。ウケる。

そんな社長が久しぶりに事務所に来たわけ。


「おー社長、久々ですね!確認したいことあるんですけど。」

「あ、うん、待ってて。シャワールームでシャワーして着替えてくるから。」


え、そんなゴージャスなもんありましたっけ?と。

丸二年の勤続を迎えたこの事務所に、
私のまだ知らない場所がありましたっけ?と、
若干瞳孔開き気味で思考を巡らせてる私を嘲笑うかのように、
社長は胸元からスチャッ!とボディ用拭き取りシートを得意げに取り出し、
着替えを抱え事務所を出て行くと、隣接する工具用の倉庫へ入っていきました。

全然シャワールームじゃないから。

もうあれだ、社長も疲れてんだな、と。
そのくらいの妄想で幸せになるならば、よし、とするべきだな、と。

まぁ、さっぱりして着替えられるってのには間違いないわけだから、
倉庫だけどシャワールームって事でいいのか。
近からず、だけど遠からず、か。


いやいや、めっちゃ遠いからな社長。



◆励みになります◆
      ↓

スポンサーサイト
テーマ:ひとりごと
ジャンル:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。