--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


◆励みになります◆
      ↓

2014年06月19日 (木) | Edit |
 「おかあさん、注射頑張ったらマリオカートのトミカ買ってくれる?」


いっちょまえに交換条件を持ち出すようになりましたよ6歳児が。
ま、そういうことで「風しん麻しん」の二期接種行ってきました。

おかあさん、注射痛いかなぁ?怖いなぁ、どこに打つのかな?
なんてチビがブツクサ言ってるうちにいよいよ時は訪れました。

名前を呼ばれて診察室に入るとドクターのデスクには、
注射器という名の「対子供リーサルウエポン」が。


チビ 「・・・こわい・・・・・」

先生 「見て!チビ君、ピンク色のお薬なんだよ、きれいでしょ?」

チビ 「うん、きれい!・・・でも痛いかも・・・」

先生 「あー、残念ながらこれ痛くないんだよ~ほんとに!・・・はい、いくよ?」

チビ 「うぇっ・・・い・・・?・・・(何かを思考中)・・・・」

先生 「ハイ、終わったよ~頑張ったね~痛くなかったでしょ?」

チビ 「えっ!?ちょ、ちょっとだけ何か痛かったような気がしたもん!
    最初なんかチクッってした気がしたよ!」


ねぇそれ一体何の抵抗?
要約するとほとんど痛くなかったって事だよね?

恐らく、痛がる気満々だったのに思った以上に痛くなくて、
想定外の結果に慌てふためき、思わず取り繕ったと私はみた。
そしてうっかりツンデレぎみに?
それに関しては私も想定外。


俺泣かなかったの凄いでしょ?6歳だし。これで俺、小学生になれるね!
と、誇らしげに語った君のその両の手に握りしめられたミニカー・・・

残念ながら説得力とか全然無いから。
むしろ皆無だから。



◆励みになります◆
      ↓

スポンサーサイト
2014年06月11日 (水) | Edit |
光陰矢のごとし

危ない。
危ない。
かろうじて5月は2回更新できました。
間一髪で月刊化から逃れましたユトですコンニチワ。


えー、実にわたくし事なんですが、
6月4日で、まんまと44歳になりまして。
来年はいよいよ四捨五入したら50歳だよね、という45歳になりますよ。
四捨五入して40歳なのは今年で最後。
つか、そもそも四捨五入とかする必要ないよね?うん。
というわけでチビと共にマリオカートに励み、こっそりPS2のRPGに励み、
マンガを読みまくるという不健康極まりない街道まっしぐらです。

10代から何ら変わってません。
わが人生に進展なし(グハッ!)(吐血)


そんな母を持つチビが、先日入浴時、ある存在に気付いたのです。


チビ 「おかあさん…ここになんか入ってる…何だろ?」


そう、あるね。
君の股間のタケノコの里に隠れるようにひっそりと潜むお宝が。
それ、仮にGB(ゴールデンボール)と呼ぶことにしようか。

ま、兎にも角にもこんな時期がきたのね、つーか、
気付くのに丸五年かかったんだ?と思いつつ、
本人の理解度たるやいかに!?と思い、質問で返してみたんですよ。


ユト 「チビは何が入ってると思う?」

チビ 「え?・・・う~ん・・・・・・・・・アンコかも」



もしかして俺当てちゃった?みたいな顔してるけど全然ハズレだからね。
かすりもしてないしむしろ程遠いからね。

とりあえずそのGB、後々メッチャ大事な任務を課せられる、
重要なポストを任されてる旨をかみ砕いて、
「そこ大事大事でぶつけるとメッチャ痛いらしいから気を付けてね」と、
ザックリと、且つボンヤリした感じで説明しておきました。

つか、アンコて。
そもそも君、アンコ食べたことないし食べようともしないし。

幼児の言動ってほんと、遥か斜め的な方向に飛んでくよね。
いやー、まだまだオモロイね、6歳児。







◆励みになります◆
      ↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。