--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


◆励みになります◆
      ↓

2013年03月27日 (水) | Edit |
ここ最近、アレ?っと思うことがありまして。
なんかね、チビのクチがよく動くというかなんというか…。

「おかあさんおかあさん、みてみて~」
「おかあさんおかあさん、遊ぼう~」
「おかあさんおかあさん、ビー玉転がそう~」
「おかあさんおかあさん、お父さん今日早いかなー?」
「おかあさんおかあさん、このトミカは好きー」
「おかあさんおかあさん、宮川大輔おもしろいよねー」
「おかあさんおかあさん、オヤツ食べたいなー」
「おかあさんおかあさん、うんこでるー」


もうね、チビの「おかあさんおかあさん攻撃」にヤラレそうです。
つかさ、喋りすぎなんじゃね?みたいな。

何なの?しゃべり続けないといけない使命でも背負ってんの?
あ、もしや泳ぎ続けないと死んでしまうマグロみたいな感じ?

もうね、とにもかくにもよく喋るんですけど。
「チビ印バッテリー」全然切れそうにない。
むしろ頭頂部にソーラーパネルとかあるんじゃないかと思いたくなるくらい、
常にフルパワー。(私は残量28%くらいなのに)

隙をついて読書を初めたり、ブログの記事を打ち始めると、
猛烈な回数で話しかけられるんですよ。
そのたびに会話に応じるわけなんですが、本は全然読み進められず、
ブログの記事は集中できずに結局まとまらず、みたいな。


ああ、チビにスイッチとかあればいいのに…!(オンオフもしくはミュート希望で)



まぁ、喋らなきゃ喋らないで心配なわけで、
ある意味贅沢な悩みなんだよな、と肝に銘じつつ、
元気で何よりですね、と、生ぬるい感じの視線で見守りながら、
春休み中盤を過ごす日々です。

頑張れ私。





◆励みになります◆
      ↓

スポンサーサイト
テーマ:男の子育児
ジャンル:育児
2013年03月15日 (金) | Edit |
チビ、本日いよいよ修了式です。
そう、年少最後の日。

早い。早いよ。
あの時期【参照記事】から、もはや一年の月日が経とうとしてるんですけど。
いったいいつの間に?(私が自由にうつつを抜かしてる間に)


で、先月ね、園児の作品発表会なるものがあったんですよ。
一年間の園児たちの成長っぷりを作品を通して感じてもらうって趣旨の。
教室中に園児達の絵やら工作やら粘土やらが綺麗に展示してあって、
ちょっとしたオモシロ美術館でした。

一通り時間も過ぎて、そろそろ終わりだねっていう頃に、
担任から「こうしてお家の方に登園頂くのは最後になります…」
みたいに挨拶が始まったんですよ。

あぁ、そうだよねぇ、と思いながら耳を傾けてたんですが、
2名の担任の先生がね、泣くんですよ。
みんなの事が本当に大好きだから、もっと一緒にいたいです、って。
でも残りわずかな日数しかなくて本当に本当に寂しいです、って。

一人は新卒の先生なので初めての担任だしね、と思いましたけど、
もう一人のベテラン先生までも涙、涙で言うんです。
正直、驚きました。驚きつつももらい泣き、みたいな。

でもね、担任の涙を受けて確信しました。

あぁ、こんなにも子供たちに心をよせて接してくれてたんだなぁ、って。
大事に大事に寄り添ってくれたんだなぁ、って。


ありがたいですよね。
こちらこそ感謝、感謝です。
やっぱここの園選んで間違いなかった。


そんな感傷にふけりつつも、リアルでやってくる春休み。
3週間も長すぎ。長すぎだから。(ガフッ)(吐血)

え?ふ、震えてなんかないよ!(ガクガクブルブル)
怖くないって!全然怖くないって!
ちょ、これ、武者震いだから!ほんとほんと!お構いなく!




◆励みになります◆
      ↓

テーマ:男の子育児
ジャンル:育児
2013年03月12日 (火) | Edit |
毎年この日が近づくと何だか落ち着きません。

この気持ちが何だか説明できませんが、
ソワソワした不安にも似たような気持ちが、
モヤモヤと胸の中に湧き上がってくるんです。

なんだろう。
またあの状況が繰り返されるんじゃないだろうか、という不安感なのかな。


私の住んでるN市も懸命に復興に向けて動いています。
が、なかなか目に見えるような速さで、とはいかないようです。
いろいろとクリアせざるを得ない決まり事もあるのでしょう。
国の問題であったり、人の問題であったり。

家族がまだ見つからず、悲しい思いをされてる人も多いです。
でもその反面、2年という月日の流れで立ち上がることができ、
前へ歩き出した人のニュースも増えましたね。
「ああ、頑張ったね、よかったね。」と、嬉しい気持ちでいっぱいになります。
こうやって、少しでも多くの辛い思いをされた人達が
元気になっていってほしいなぁと、祈ってます。


TVを観ながらチビがいいました。


チビ 「おかあさん、このひと頑張って工場再開したんだって!
    すごいねー、もう津波きても平気だよね!」


チビの表情は楽しげにキラキラしてました。
ニュースの言葉の一部を真似て喋っただけで、
どこまで意味を理解して話してるのかはわかりません。
ただ、幼いながらも明るく前向きな内容だと感じ取ったようです。


TVの向こうで笑顔で語る、被災者の方を見つめながら思います。

こうして一年、一年と年月を重ねて、
一人、また一人と笑顔が増えていきますように、と。



◆励みになります◆
      ↓

2013年03月08日 (金) | Edit |
いやいやいやいや、おかげさまでチビが無事登園しました。
本日をもって完全復活。いや、本人にしてみれば、
「水疱瘡?知らねぇよ、俺はいつもと変わらねぇぜ!」
みたいな感じで私の方がどうにかなりそうでした疲れて。

何はともあれ、おかえり私のフリーダム。

ま、喜びもつかの間、数日後には修了式を迎え、
長い長い永遠とも思える程の春休みが到来するんですがね。(ガフッ)(吐血)


それはさておき。
先月くらいからどうも幼稚園で折り紙ブームが到来しているようで…。
カメラやら財布やら小物入れやらが絵本バッグに入ってるわけ。

とある日。
帰る早々、絵本バッグをゴソゴソしだすと、
「お母さん見て!」と若干興奮気味に折り紙の手裏剣を取り出したんですよ。

わー懐かしい。
私も折ったなぁ…(折り方サッパリ覚えてないけど)

凄いねー、手裏剣だー、かっこいー等々言いながら、
しばし二人で盛り上がってたんですが、チビが思わぬ事を言い出しました。


チビ 「おかあさん手裏剣作って!いっぱい!!」

ユト 「え゛っ!?」


そりゃ「え」に濁点も付くって話。
そんな遥か昔にした工程、全然思い出せる気がしない。
手裏剣ってどうやって作るんだっけ?
確か折り紙を二つに切って…あぁ、もうそこで記憶の糸が途切れてる。


ユト 「おかあさん忘れちゃったなー。作れないかも…」

チビ 「えーっ!!ダメ!作ってぇぇぇぇっ!!!うぇぇぇんっ…」


え、そんな必死になるほど手裏剣って魅力的なわけ!?
ああもうわかった。わかったってば。作ればいいんでしょ作れば。

っつーわけでネットで「折り紙」「手裏剣」「作り方」で検索しまして、
ガツガツと10個くらい手裏剣作ってやった。(はぁはぁ)(気分的に満身創痍)

もうね、チビ、大喜び。


チビ 「こんなに手裏剣うれしぃ~おかあさんありがと~」


うんうん、5センチ四方の小っさい折り紙でね、チマチマチマチマと、
若干イラつきながらも頑張ったかいがあったよ。しかも10個もだよ?
君の容赦ない色の指定も全て受け入れ、フルオーダーで仕上げてやったよ。
ああ、これでもう任務完了。ワンピースを心置きなく読み漁ろう。

そう思いながら本に手をかけたんですよね。


チビ 「おかあさんもっといっぱい作って。」

ユト 「`;:゛;`;・(゜ε゜ )ブッ!!ww 」


とまぁ、こんな感じでここ最近、手裏剣ばっか折ってます。
え、なにこれ過酷な内職ですか?って思うほどの手裏剣。
あれ?修行?つか、何修行?

で、最近ちょっと気付いた。
これ、忍たま乱太郎の影響なんじゃ…て。
100%勇気とかね、毎日歌ってるしね。(リサイタルさながら)


手裏剣作り、頑張ります。





◆励みになります◆
      ↓

テーマ:男の子育児
ジャンル:育児
2013年03月06日 (水) | Edit |
私、実はそんなに流行りに飛びつくタイプじゃないんですよね。
ファッションに関しては、自分のツボじゃなければ、
いくら流行と言えども全然取り入れないでスルーです。
ただね、こんなん流行ってんだーくらいには把握しとくタイプ。

これ、踏まえといて。


で、チビなんですが、先月、園でインフルエンザが流行り、
もはや学級閉鎖か!?というときも風邪一つ引かず健康体で過ごしたくせに、
水疱瘡が流行ったときにね、即飛びついたから。
ちょ、これアメフトの試合ですか?っつーくらいにタックル決め込んで、
俺も俺も俺もーっ!て感じで水疱瘡になりました。

あ、さっき踏まえてくれた話、思い出してくれた?
うん、私と同じで流行は選んで乗るタイプかなーなんて。(そうじゃない)


そんなわけで先週の土曜日、チビの首筋に1つの赤いポッチを発見。
嫌な予感!と瞳孔半開きでチビの服をガバリとめくってみたんですよね。

あ゛あ゛あ゛あ゛なんか赤いポチポチが散りばめられてるぅぅぅっ!
あれ、ちょっとこれ星座とか見つけられそう。(ソワソワ)
いや、星座探してる場合じゃないし。(しっかりして)
ちょっと、これきた水疱瘡だよ!みたいな。

で、翌日。
掛かりつけ医で「あ、これもう完璧に水疱瘡ですね」とA判定されました。
「予防接種ちゃんとしといてよかったですねー!軽く済みますよ。」と、
笑顔で言うドクターの言葉を私の耳が捉えてましたけど、
長い春休みを目前に控えてて、ただでさえ貴重な私のフリーダムが、
目の前でガラガラと崩れていく音に遮られてよく聞こえなかったからね。

チビはというと、ドクターのお見立て通り寸分の狂いもなく、
発疹はほぼボディだけ少数で済み、熱も上がらず、食欲も減退せず、
要は赤いポチポチ以外はいつもと変わらないエネルギッシュさであります。
元気すぎ。元気すぎだから。ほんとに病気なの?

発症してから5日目。
24時間みっちりと共に過ごした私の方が、
若干、点滴の必要性を感じるレベルで疲労困憊しきっておりますヘルプミー。


◆励みになります◆
      ↓

テーマ:男の子育児
ジャンル:育児
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。