--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


◆励みになります◆
      ↓

2012年09月27日 (木) | Edit |

秋も深まってまいりましたね。


耳をくすぐる虫の音を遠くに聴きながら眠りに落ちる心地よさ。

そして、いよいよもって暴走しがちな食欲と戦う日々。

そりゃもう桶狭間か関ヶ原か、みたいな激しい戦い。いわゆる激戦。


え?当然ながらの負け戦ですけどね。(ははははは)(乾いた笑い)



で、話は本題に入ります。

まぁ、大した事じゃないんですがね、前からうすうす感じてたんですけどね。

若干、チビに矛盾を感じるんですよ。


まずね、生野菜ほとんど食べらんないくせに野菜ジュース好きなわけ。

んで、ブドウ味が大好物なくせにブドウほとんど食べないわけ。

さらに、イチゴが大大大好物なくせにイチゴ味は食べないわけ。


ねぇこれ何なの?

不思議でしょうがないんですけど。


スーパーでさ、声高らかに、

「おかあさん、ブドウ味っておいしいよねぇ!」って言うくせに、

「じゃ、ブドウ買おうか?」っていうと「え?いいよいいよ。」みたいな。


ストックしてあった「さくさくパンダ」のイチゴ味を出して、

「一緒に食べようよ!」って誘っても「イチゴ味だからいいよ」とかさ。


で、さくさくパンダのイチゴ味を一人寂しく食べながら思うわけですよ。

君にとってのブドウ味やらイチゴ味の存在とは何なのか、と。


で、明らかにアキレス腱切った方の左足の筋力落ちまくってるんだけど、

筋肉のパーセンテージ減=体脂肪率増なんじゃね?と。


ひぃぃぃぃっ!!!


さくさくパンダさくさくさくさく食ってる場合じゃないよね、みたいな。


あれ?何の話してたんでしたっけ?

食欲の秋、恐るべし!ってことか。(違います)



ま、幼児ってなかなか理解不能な部分が多々ありますねーってことで。









◆励みになります◆
      ↓

スポンサーサイト
2012年09月25日 (火) | Edit |

さて、アキレス腱のお話の続きです。【参照記事】


日付は遡りますが9月20日の再々診日。

ドクターの手により、私のギブスが驚きの変貌を遂げたのです。


チビといっしょ生活


じゃーん。


チビといっしょ生活


じゃじゃーん


チビといっしょ生活


パカーッ


チビといっしょ生活


中身出たー!



「モナカみたいにパカーってなるからお風呂ギブス外していいよー」

とのドクターのお許しが!


「来週の診察まで足首90度目指して朝昼晩ギブス外してストレッチねー

 足首の力だけで曲げてね。手は使わないでね。」


うん!先生!私頑張る!


・・・・って、え!?自分で!?リハビリ自分でやるんだ!?

いやぁ、まぁ、うん…うまくできるかわかんないけどやってみるか。

目指せ足首角度90度。

「あ、アキレス腱は完全に繋がってるけど、全体重掛けたら切れるから♥

 左足は絶対体重掛けてつかないようにねー。」



ハイ。肝に銘じます。



とまぁ、そんなわけで、家帰って真っ先に何をやったのかって、

リハビリそっちのけでワッサーッと茂ったスネ毛剃ったよね。

んで、どんどんどんどんめくれ上がるおびただしい角質を、

瞳孔半開きで狂ったように取りまくったよね。

ちょ、煙出る!っつーくらい石鹸つけて擦っりまくったよね。



そしてピカピカに光り輝いた私の「最弱アキレス腱」は、

強度的に「チョイ弱アキレス腱」に生まれ変わりました。



これからは再断裂という自滅行為をしないように、

あわてず無茶せず完治を目指したいと思います。


あー早く車運転したい。


代わりにチビのトミカを走らせて憂さ晴らししてる日々です。(ダメ大人)

チビに「おかあさん早く返して!」と言われるのがチョット切ないけど。







◆励みになります◆
      ↓

2012年09月24日 (月) | Edit |

なんだか先週からのチビの風邪がスッキリ回復しないなぁと思い、

旦那休みのうちに診察してもらおうかと掛かりつけの病院へ

チビをつれてってもらいました。だってほら、ユトさん今、運転できないからね。

で、ほどなくしてメールが。



「なんと510分待ちだってー。85人待ち。」



ちょ、え、510分て何時間!?

そこもしかして浮かれネズミの国?

つか、どんだけ人気のアトラクション!?みたいな。


まぁね、祝日の翌日の日曜日。

きっと他の小児科の患者も流れてきてるだろうし。

そこの病院、近所に小児科があるので遠慮して、

大々的に小児科を掲げてないんですが、患者の9割が子供。


ドクターがね、ほんと、嫌な顔せずよく話を聞いてくれるし、

親としても聞きたいことも聴けずにモヤッとして帰ることもないわけ。

大人にも子供にも優しいから大人気ですよ。


そんなわけでこの待ち時間は仕方ないんですが、

皆さんいつご飯食べてんの!?とか心配になりますよね。

最後の患者の診察の頃には目の下にクマを作りつつ、

ドクター自ら点滴打ちながら診察してんじゃなかろうか。


いつもの穏やかな口ぶりで「今日はどうしましたか~?」

「ちょ、先生こそどうしましたか!?大丈夫ですか!?」みたいな。


ふふふふ。

ニヤニヤする。

妄想って楽しすぎる。

や め ら れ な い 。


あ、ちょ、みんな行かないで!帰ってきて!



ま、そんなわけで11時頃受付して診察は夜の7時過ぎでしたよ。

もーほんと、ビックリですよ。


先生、お疲れ様でした。

ユト家全員が頼りにしている掛かりつけなので、ぜひぜひお体を大切に。

ま、先生若いので私より先に老衰はないと思いますけどね。


あ、ちなみにチビは熱もなく比較的元気なのでご安心を。

今日も張り切って幼稚園バスに乗り込んで行きました。









◆励みになります◆
      ↓

2012年09月21日 (金) | Edit |

天高く馬肥ゆる秋まっただ中、皆様いかがお過ごしで?


そうね、ユトさんこの前オハギ食べようと思って買ったんですけど、

ああやっぱおなか一杯になってムリだから明日の朝ごはんにしようと持ち越し、

朝、嬉々としてオハギにかぶりついたら何つーか痺れるような酸味に襲われて、

ちょ、なにこれ痛んじゃったやっぱ冷蔵庫に入れとくべきだったグァァァァッ!!

って軽くパニック状態におちいりながらクチからオハギを吐き出すという、

自分的には軽く事件性に帯びた経験値を積んでました。

だからこういう感じの経験値はいらない。(声高らかに叫びたい)



あ、そろそろアキレス腱断裂の経過報告をば致しましょうか。


遡りましてアキレス記念日(8月29日)から二週間後の9月13日。

何の前触れもなくチュイーンと高音を立てるカッターを手にした

ドクターの手によってケーキカットならぬギブスカット開始。


「わわわわわっ!怖い!切れるっ!!」


あ、私の叫びですが何か?

心の中じゃなてくリアルで叫んだからね。


だって思うじゃないですか。ギブス通り越して足にブシャッ!

血がビャーッ!ブシャァァァァッ!!(ぎゃぁぁぁぁぁ)

「ユトさん、このまま外科へ!縫合しますから!」

一気に緊張感がみなぎる診察室…血に赤く染まるギブス…


もうね、瞬時に繰り広げられたよね脳内ストーリー。

それを聞いた看護士さん爆笑してたけどね。

「そのまま外科行き!wwウケるwww」みたいな。

大きな総合病院にもかかわらず雰囲気ユルめな整形外科です。


で、ドクターの触診。


「オッケーオッケー繋がった!」


アキレス腱って2週間で繋がるんだって。ビックリだよね。

人体とは…人間とは…

ふはは、なんか哲学的なこと考えそうになりましたよ。


で、こうなりました。


チビといっしょ生活


大して変化は見られませんが、最初のギブスより短いです。

そして足首の角度が90度に近づけられました。【参照記事】


でさ、最初先生に足首ギューッって曲げられた時、ぶっちゃけ痛かったからね。

「いだだだっ!先生!切れる切れる!またアキレス腱切れる!」

って言っちゃうくらい痛かったからね。

先生サラッと「切れない切れない」って軽い感じで言ってたけど、

ちょ、それ本当!?適当!?どっち!?って思わず心の中で突っ込んた。


そしてまた一週間後ねー、と言われて診察室を後にしたのでした。



そして迎えた一週間後にあたる9月20日。

ユトさんのギブスが新たな形態を迎えることになったのです。


つ ・ づ ・ く (マジで)





◆励みになります◆
      ↓

2012年09月14日 (金) | Edit |

この前ね、幼稚園バッグのポケットにおたよりが入ってたんですよ。

プール遊びのスナップ写真ができましたので注文してねー、みたいな。

園に貼ってありますから選びに来てねー、みたいな。


で、未就園児クラスから付き合いのある仲良しママさんのご厚意で、

連れてってもらったんですよ。うん。


さて、チビの写真楽しみだなー、なんて思いながら、

ほどなくして園に到着したわけですが…。


うん、ちょっとね、胸騒ぎ。

なんか漠然とヤな予感、してた。


そんなモヤッとしたものを抱えつつ、

ロック解除してもらったドアを開けて、

園内に松葉杖&ギブスで入ったわけ。



胸騒ぎ、超ビンゴ。

いやぁ、群がった群がった、園児が。

「足どうしたのーっ!?」「それなあにーっ!」

「松葉杖っていうんでしょー!」「痛い!?」

「どうして怪我したのー!」「誰のママー!?」

「早くなおるといいね!!」「それ重いの!?」


いやぁ、もうね、史上最高のモテ具合。

矢継ぎ早に繰り出される質問に答えつつ、

群がる園児を観察してたんですが、

目がね、キラッキラしてるんですよ。

特に男子。


あれ、たぶん勘違いしてる。

ガッチャンガッチャン松葉杖ついて歩く私を、

ロボかなんかと勘違いしてる。

「うわー!すげー!ビームとか出るかも…」とか思ってる。

なんかね、ほんとイイ顔してた。


フッ…幼児って奴は…。

「ビーム出して!」って言ったら出してやったのに。(出ません)


ま、そんな感じで、園児にモテモテなこのロボ状態も、

なかなか悪くないな、なんて思ったユトさんでした。






◆励みになります◆
      ↓

2012年09月12日 (水) | Edit |

アキレス記念日から二週間が経とうとしてます。

ゴロゴロシャー!と室内を駆け巡るスピードも増し、

結構快適な感じで日々を過ごしております。


まぁ、車は運転したくてモヤモヤしてますけどね。

ああ思った時に思った所へ行きたい。

クラッチ踏みたいギア変えたい。


そんな私のもとへ、ちょい前に親友から荷物が届きまして、

ドア開けた瞬間、顔馴染んだクロネコのお姉さんに、

「足どうしたんですか!?」って言われちゃったわけで、

「アキレス腱切っちゃったんですよー。」なんて、

アハハウフフと会話してたら、お姉さんが「あ、それで!…」

と、笑いを堪えるが如き震える声と共に宛名を指さしたんですよね。



うん、お届け先氏名欄にね、

「最弱アキレス腱 ユト様」って書いてあった。



ガ  ッ  デ  ム 。


中には「ちょっと心配、だけどちょっとウケた、そして私の呪いのせいじゃない」

という雰囲気のお見舞い手紙と、

前から興味あった「聖☆おにいさん」7巻セット。マジありがとう。愛してる。


で、この漫画がね、いや、面白かったから。超ツボ。

また買わなきゃいけないコミックス…増えた。(ガフッ)(吐血)



で、全然話は変わるんですが、左足が不自由な今、

右足だけの筋力じゃ全体重支えるのに限界があるので、

トイレに座るときにね、結構ね、ドスン、みたいになるんですよ。


うん、ケツで便座割らないように細心の注意を払ってます。

これ、今後の課題ね。テストに出るから。(何テスト)



とにかくね、ほら、まだ築3年だからね。

いくらなんでも便座交換って悲しすぎるからね。



よし、頑張れ私の大腿筋。









◆励みになります◆
      ↓

2012年09月10日 (月) | Edit |

日中の暑さがまだジリジリと憎い日々ですが、

朝晩の涼しさに秋の気配をハッキリ感じましたユトです。


さぁ来るよ。

天高く馬肥ゆる秋、が。


肥ゆる秋…


アキレス腱のせいで若干不自由

    ↓

エネルギーの需要と供給のバランス崩壊

    ↓

坂道を転がるが如く体重増加ヒィィィィィィッ!!!!


恐ろしい行く末を想像して思わず来たよね、震え。(ガクガクブルブル)



そんなある朝、チビが言ったんです。

「おかあさん、今日、夕方お散歩に行きたい」って。


ムリじゃないですか。

ギブス生活始まったばかりの今は。

室内でもヒーヒーなのに、散歩なんて夢のまた夢じゃないですか。

んで、申し訳ない気持ちで言ったんですよ。



ユト 「ごめんね、お散歩できなくて…」


チビ 「えー!行きたい!」


ユト 「お母さん足こんなだもん、しばらく我慢してね。」


チビ 「・・・・・・・。」


ユト 「ほんとにゴメンね?歩けるようになったら…


チビ 「こんなおかあさんやだ!うぇぇぇぇぇぇぇんっ!!」



いや、なんつーか、ぐうの音も出なかった。

うっかり怪我してしまった自分の情けなさやら不甲斐なさやら、

チビの行動に制限をかけてしまった罪悪感やら何やらが、

グルグルグルグル渦巻いて、何も言葉が思いつかず、

ただただ泣きじゃくるチビを見つめてました。



数分後、チビは泣きやみ、お互い沈黙の時間が流れて行きます。

きっと時間にして2~3分だったのかもしれない。

けど、長く感じたその数分後。



チビ 「おかあさん…」


ユト 「なぁに?」


チビ 「ごめんね?…」


ユト 「何が?」


チビ 「さっき…わがまま…言っ…てウェェェン!ハグハグじでぇぇぇっ!!」



ハグハグしつつ「いいよいいよ、お母さんも足ゴメンね。」と言いながら、

頭で理解しつつも感情が勝っちゃったんだろうな…

んで、思ってもないことを言っちゃった自分を反省できたんだなぁと、

チビの心の成長を少しだけ垣間見た気がしました。


私も子供のころ言ったことあったなぁ。

思わず感情のまま「お母さん嫌い!」って言ったり。もちろん大好きなのにね。

なのでチビの心境が手に取るように理解できました。



ま、とりあえず、チビのために(あ、ついでに旦那のためにも)、

脅威のスピードで完治してやろう、と心に誓った初秋であります。








◆励みになります◆
      ↓

2012年09月06日 (木) | Edit |

あれ?あれ?あれ?


地味にヒッソリ切れていた


今日が私のアキレス記念日




なんてね。


そんなアキレス記念日から一週間が経ちました。

朝バス通園になったチビをテンパりぎみで送り出した後、

コーヒーを飲みながら雅な感じで歌を詠んでみましたユです。

こんな感じでお送りしております。(何を!?)


チビといっしょ生活


一体日常生活はどうなるんだ!?

なんて思いつつ始まったギブス生活。


ま、開き直って一週間も過ぎる頃には、

いろんな技を身に着けつつ日常が過ごせるようになるんですね。

ああ、順応力って素晴らしい。



そんな私の相棒。


チビといっしょ生活


松葉杖さん。

ここ最近一番の仲良し。恋バナとかしそうな勢いで仲良し。




そして室内での頼れるやつ。


チビといっしょ生活


コロコロ椅子さん。

もうね、「兄貴っ!」って感じ。チョー頼れる。


座りながら元気な右足でキックしてゴロゴロシャーッ!と、

LDK中を暴走してます。なんなら隣接する和室まで。


うん、海中のイカみたいな感じっていうと、イメージ伝わりやすいかも。


もうね、ほんと、兄貴は頼れるからね。

座れるし移動できるし。

何かを持って移動するときは、

兄貴に腰掛け、キックでゴロゴロシャーッ!と移動、みたいな。


ま、面倒な時は四つん這いで獣のように徘徊してます。



肝心の足はどうなのかっつー話ですが、

相変わらず痛みという痛みはなく、

たまーに「あれ?いまチクチクした?」とか、

「あ、なんかフクラハギがチクリと…」みたいな感じ。

ほんと、何もかもが地味です。


実は私、チビの出産のとき、

「陣痛はきっともっと痛いはず痛いはず…」と乗り切り、

病院付いたら子宮口8センチ開いてた、みたいな経緯の持ち主なので、

旦那曰く、痛みに鈍感なんじゃ…みたいな。


鈍感じゃないから。

我慢強いと言いなおすがいい。



というわけで、意外と元気です。







◆励みになります◆
      ↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。