--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


◆励みになります◆
      ↓

2012年02月27日 (月) | Edit |



チビといっしょ生活


なーんだ、ピタゴラ装置だったんだ?あははうふふ…てクラァッ!

そんな破壊的なピタゴラスイッチがあるかボケーッ!と、

声高らかに叫び倒したい気分になります。


まったく。

「ピタゴラスイッチ」を免罪符にするとは。

だんだん人間臭くなってきたなぁ。





◆励みになります◆
      ↓

スポンサーサイト
2012年02月22日 (水) | Edit |

「専務!長い間、本当にお疲れ様でした!」


「ああ、ありがとう!」


「これから先、ちょっと不安です…ずっと専務に頼ってましたから…」


「何を言ってるんだ、君たちなら大丈夫さ。私が保証するよ。」


「専務っ…!今まで本当にありがとうございました!」


「ああ、皆もな、私もこれからはノンビリ余生を過ごすよ、ハッハッハ!」


「専務!お元気で!!」


「ああ!君たちもな!!」




っつーわけで、卒乳しました。(ィヤッホーッ!)


いやー、チビが生まれてから三年九ヶ月。

来る日も来る日も24時間体制で激務にあたってたわけ。ティ首が。

もうね、過酷な業務に耐えた結果、専務とかになってたからね。スゲー。

何この驚異的なスピード出世。


まぁ、そんな妄想はさておき、一週間に一度くらいは思い出したかのように、

チビが「おっぱい吸いたいなぁ」なんて寝る時言うんですけど、

ちょっと咥えてみてはフィッとやめます。


生まれてから毎日、「おっぱい飲むー」と、

儀式的にティ首を吸いながら寝てたのに、

今や「おやすみなさい」と言った後に「おっぱいさわって寝るの」と、

まるで充電でもしてるかのようにチチに手を置き眠りにつきます。

いやー、私の体勢も非常に負担が減りましたよフハッ(滲み出る笑い)


でさ、何が一番うれしいのかって、

ドッカーンと心置きなくビールとかビールとかビールとか、

七味唐辛子ガンガンとかビールとか七味とかビールとかが、

ほんっと「幸せだーっ!!!!!!」みたいな。

どんだけビールと七味が好きなんだっつー話。


今まではちょっとね、母乳は出てないとは思いつつも、

なんとなくセーブしてたもんでね、うん、解放感もひとしお。

もうね、ほんと、あまりの嬉しさに、

ビール飲みながら震えが来るほどですよフハハハハ!(notアル中)



いやー、卒乳の平均は4歳って聞いたことあったけど、ほんとだった。


私のティ首専務!長い間お疲れ様でした!そしてありがとう!









◆励みになります◆
      ↓

2012年02月17日 (金) | Edit |

子供ってさ、麺類好きな子多いよね。

まぁ勿論、類に違わずうちのチビも好きなわけ。


でさ、最近気づいた。

「二人で半分コ」とか可愛らしいことが無理になってきたんですよ。

もうね、0:10の割合。つか、これもう割合じゃないだろう、みたいな。

もちろん10がチビね。オコボレにあずかれないのが私ね。(あ、泣きそう)


なのでもう、カップラーメンなら一個づつ、

インスタントラーメン作るなら二袋なんですよ。

3歳児の胃袋、あなどれない。(ヒィィィ)


あ、ちょっと待って…これ…近い将来、非常に近い将来、

エンゲル係数のパーセンテージ、確実に上がるよね…ガクリ(遠のく意識)



ま、今から心配しててもしょうがないので、

今日も元気にラーメンを作ったわけですよ。二袋投入で。

さぁ、いただきましょう!



チビ 「もうごちそうさま。」


ユト 「は!?まだいっぱいあるんだけど!?」


チビ 「なんか…おいしくない…もういい…」



えええええええええ!

ちょっとこのラーメンの量どうすんの!?

ああ、くそっ!トンコツなんかにするんじゃなかった。

オーソドックスに塩にすべきだった!



チビ 「おかあさん、ぼく鮭フレークごはんたべたい。」



あああああああもう何なの何なの何なの。

ねぇ、こんなに大量のラーメン私大丈夫?

ハァハァ…ああ、く、苦しい…なんか…とてつもなく苦しいっ。

そうだ、大好きなコショウ…をもっとかけよう!


もうね、肩関節外れるんじゃないかってなくらい、

コショウの小瓶振りまくったから。


そんなヒーヒー(たまにウェッ)となりながらラーメンを食べる私の横で、

「ぼく鮭ごはんだーいすきなんだー」と無邪気に微笑むチビの背中に、

見えた気がしたね。黒い翼。



ああ神様ごめんなさい。

ラーメン食べきれずに残しちゃって。

あなたの迷える子羊は限界でした。

危うく鼻からラーメン出そうでした。


誓います。

もう当分冒険しないから。

三歳児相手のラーメンは、オーソドックスで安全な、

「塩」「味噌」「醤油」で行きたいと思います。


えー、久々に太田胃散の出番になりました。













◆励みになります◆
      ↓

2012年02月15日 (水) | Edit |

幼稚園入園を控えた三歳児チビ。

新生児から比べると格段の進化を遂げたわけですが、

まだまだ出来ないことが山積みなわけなんですよね。


着替えだって未だに自分でやる気配、なし。

「さぁ、着せるのじゃ」と言わんばかりのされるがまま状態で、

え、何これ私マジで召使いなんじゃね?と思わざるを得ない感じです。

ボタンだって,、ちょっとモタつくと「だめ!もうできない!」ですからね。


粘らない。

全然粘らないよこの男。

こんなんじゃ、好きな女の子ができても振り向かせられないんじゃ…

もうちょい粘らなきゃ恋愛なんて成就できないよ!(つか、何の心配)


話は戻りますが、一応は「頑張っておくれよ」と促すも、

「今日はできないの。おかあさんやって。」と。


まぁ、「甘やかし」はアウトだけど、

「甘えさせ」をセーフと決めてるので、

いつやる気がでるんだろう、とブツブツ心の中で呟きながら

やってあげている日々です。



幼稚園の方からは、

「無理して訓練しなくていいですよ、むしろ特訓しようとして、

焦って叱ったりしちゃう方が自分でしたい意欲を削ぐので、

トイレも着替えも一人でできなくても気にしないでくださいね、

こちらでフォローきちんとさせていただきますから」と、

マリア様って意外と身近にいたんだね、的な優しい言葉を頂いてるんですがね。


もしや…着替えもシッコも一人じゃ無理なのって、

うちのチビだけじゃないの?と、不安にガクブルしちゃうわけ。


せめて…せめてシッコだけでも一人でっ…


でさ、心を鬼にして言ってみたんですよ。

「チビさ、オシッコくらい一人で行った方がいいよ。その方がカッコいいし」って。

チビが好きな嵐のみんなだって一人でカッコよくトイレいってるんだぜ!と、

松岡修造ばりに熱く盛り上げながら力説したんですよ。



チビ 「イヤ!だってお母さんと離れるとチビ悲しいんだもん離れたくないんだもん」



あーダメだこの人、みたいな。

まーたそのセリフかよ、みたいな。

今後も食事中問わず、当分私を道連れにトイレ行くの決定だな、みたいな。



入園まで約二ヶ月。

一体どんな状態で幼稚園児になるんでしょうか?


楽しみ4割、不安6割って感じですハハハハハ(やや乾き気味の笑い)




◆励みになります◆
      ↓

2012年02月08日 (水) | Edit |

「好きだから離れたくない!ずっとこうしてる!」


と、言いながら私を背中越しに抱きしめてきた3歳児。

これが藤木直人だったりGACKTだったらギョエー!なんですが、

所詮、身長100センチ程度の3歳児ですからね。フッ。


しかもね、今トイレ掃除中なんですけど。

トイレ掃除で一番の盛り上がりを見せるといっても過言ではない、

便器磨き中なんですけど。

まぁ、いいや。



ユト 「んじゃ、そのままくっついてていいよ。」


チビ 「うん、離れると悲しいの。好きなの。」



そうかそうか。

ま、そのうち他の女に言うようになるんだろうそのセリフ、

ストレートに母親に向けられているうちは甘んじて浸ろうじゃないか。


そう思いながら背中の小さなぬくもりを感じてる私の耳が、

遠くで奏でる軽快な音を捉えました。



♪ピタ・ゴラ・スィッチ♪ミニ!



チビ 「あ!ピタゴラスィッチだぁぁぁっ!(ドダダダダダ)(←足音)」


歓喜に打ち震えるような叫びとともに、

ものすごい瞬発力でリビングへ走って行ったんですけど。



ユト 「ちょっとーっ!離れたくないんじゃないのーっ!?」



便器の前から大声でリビングにいる息子に訴えてみましたが、

「ピタゴラスィッチみるから、おかあさんは掃除してて!」という、

えー、みたいな返事がピシャリと返ってきたんですけど何これ。


私との関係<ピタゴラスィッチってことですか?

私のこと遊びだったの!?(←え?)


敵はEテレにあり、みたいな。(by光秀)










◆励みになります◆
      ↓

2012年02月06日 (月) | Edit |

えー、チビがこの世に生を受け、早3年8ヶ月という年月が過ぎまして、

フニャフニャしてるだけの新生児からかなりの成長を遂げました。


飲むか寝るか泣くかだったのが、

今や自分の足で歩き、食事をし(半分手づかみ)、

会話をし、意思の疎通さえできるように。(噛み合わないことも多々あり)


ああ、とにもかくにも感慨深い…。

まぁ、本人の頑張りもあると思うけどさ、

私も頑張ったって思ってもいいよね。つか、思わせて。

というわけで、自分のご褒美にアメシストのストーンブレス買った。

あ、うん、どうでもいい情報でした。


それはいいとして、その感慨深い思いの中には「脱オムツ」という、

これ、大人の必須条件だよね、みたいなハードルがあるわけで、

チビも一応、日中は大小問わず100%成功という好成績を収めてるんですよ。

あー、この大いなるハードル、無事越えそうだな、と思うんですよ。


が、しかし。



えーと、一人でできない。

大に関しては、オシリ拭けないとか、まだありかなーと思うんですが、

小に関しましても「おかあさん、漏れる!早く早く!」とジタバタしつつ、

私に脱がしてもらってる状態でありますハイ。

そんな切羽詰ってるんだったら自分で脱ぎ捨てろよ、と思うんですけどね。

しかも男子の特権といっても過言ではない俗に言う立ちションができません。


「立ってした方が脱がなくていいし楽チンじゃん」と仄めかすも、

「座ってする」の一点張り。

うん、家ではそうして。汚れないから。うん、是非そうして。

でもさ、外出先じゃね、いちいち下半身スッパにするのがね、

非常に面倒くさいんですよ私が。(出ました大人の事情)


あ、大人の事情ついでにブッチャケてもいいですか?

男子ゆえの悩みになるのか個人の悩みになるのかわかりませんが、

えーと、なんつーか、チビの股間にそびえ立つ「たけのこの里」がですね、

うーんと、たまにカワというかくっついちゃって、

いざ放水開始になった際にね、想像を絶する方向に放水されたくらいにして、

もうね、ギョエーってなるんですよ私が。

直角に真横に放水ってホント、青天の霹靂だからね。

そっち飛ぶ!?みたいな。

この前なんて自分の尻にHITしてウォシュレットみたいになってたからね。


でさ、この脅威を未然に防ぐために、トイレの前に正常な「たけのこの里」状態に

自分でね、チョチョイと調整するようにちょっとアドバイスしてみたんですよ。

「ほら、ティンコスタンバイして」って。

したらね、たまに「お母さん、ティンコスタンバイやって」って言われますが、

やんわりと「自分でやってよー」と軽くかわしてたら、

ここ最近はもうね、自分で「ティンコスタンバイOK!」と、

張り切って便器にヒラリとまたがるようになったんですよ。


つか、なにそのセリフ。

幼稚園行ってもトイレのたびに先生の前でかますの?(目頭押さえながら)


ねぇ、これってどうなのさ。

男子ゆえ?それとも限られたごく一部?

育児の方向性が定まらない悩みならまだしも、

手直ししないと放尿の方向性が定まらない悩みなんて抱えてんの、

世界広しど、私だけなんじゃないかと思うわけ(ガクガクブルブル)



つか、ほんわかしたイメージの強い「育児ブログ(自称)」で、

ティンコティンコとすみません下の話満載の記事で。(土下座)


いやー、幼稚園の入園も迫ってきてるわけでね、ほんのりとね、

不安要素になってるというか。


ま、そんなトイレ事情でありました。








◆励みになります◆
      ↓

2012年02月01日 (水) | Edit |

2012年の目標のごくごく隅っこのあたりで、

「更新頻度を上げる」みたいなことも掲げてたんですが、

ね、ほら。案の定って感じ。何この体たらくっぷり。


いやー、実は入園に必要なグッズ作りに忙しくてテヘ。

うっかり前回の更新から10日も経っちゃったんですよねーテヘ。


なんて言うとね、みんな思うと思うんですよね。

10日も更新できないだなんてもう、ユトさんどんだけ作ったんだ、と。

あんなモノやこんなモノまで作っちゃったんだろうな、ゴクリ、と。


チビといっしょ生活


チビ希望のピンクの袋。


とまぁ、こんだけ。

うん、たった一枚。

まだまだまだまだ課題は山積みだというのに、これ一枚。


ちなみにこれ、測ったり悩んだり切ったり悩んだりミシンかけたりで、

軽く2時間半はかかりましたから。


ちょっと、ねぇ。

ペナペナの綿生地、キルティングより遥かに難しいんですけどぉぉ!

何これ何の試練?巾着タイプの袋、まだまだ作らなきゃいけないのに!

あ゛あ゛あ゛あ゛作るのメンドクセーもう頑張るしかありませんがね。


そんな悪戦苦闘してる私の横でね、息子がPCでYouTube観ながら、

「おかあさん頑張ってぇ」とか言ってましたけどね、

視線はディスプレイにガッツリと向けられたまま、

全然感情とかこもってなかったからねガッデム。


それでもやっとこさっとこ完成を迎えまして、

喜びのあまり「できたぁぁぁぁっ!!!!」と思わず叫んだ途端、

チビが「おかあさんおめでとう!」と私に抱きつきながら、

「チビ、お母さん好きだから!離れたくないの!」と、

流れ的に「え?何突然」みたいな感じの、

なんだかよくわからない感謝の意を浴びせられたわけなんですが、

まぁ、悪くないな、と思う母心でありましたニヤリ。(結構嬉しい)









◆励みになります◆
      ↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。