--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


◆励みになります◆
      ↓

2011年07月29日 (金) | Edit |

話は先週に遡るんですが、21日深夜2時過ぎ、

チビがいきなり咳込んだかと思うとガバリと飛び起き、

「痛い痛い」と大泣きしだしまして。


どこが痛いの?と問うと、喉痛い、と。

熱を計ると38.5度。

1~2日前から鼻水垂れてて、市販薬で様子見てたけど、

今回は回復しなかったか。


うーん。

夜間救急へ行くべきか、朝まで待つべきか。


麦茶を飲ませたりしつつ様子見数分。

再度熱を計ってみると39.4度。

30分弱で1度弱、体温が上昇。


熱だけなら朝まで待とうと思ったけれど、

えづいたり、呼吸が何かこう苦しそうだったりと、

何だかおかしな感じがあったので、初の夜間救急へ。


病院ついた頃には38.5度に落ち着いてたんですが、

どうもね、変な咳込みをするのですよ。

今まで聞いたこともない、随分と重い咳。


診察前の問診で看護師さんが言いました。

「クループって言われた事、ありませんか?」


いや、無いです。と答えつつも、クループって何!?みたいな。

そんな単語、初耳なんですけど!と、軽く動揺。


診察は初老の小児科ドクターが、とても丁寧にみてくれました。

経緯を話し、熱だけだったら朝まで待とうと思ったんですけど、

今まで聞いたことないような咳もしてたんで診てもらおうと思って…と告げると、

連れてきて正解ですよ、と言われました。

熱だけなら、痙攣にさえ気をつけて次の日受診でもいいけど、

呼吸器系は、酷いと気管支炎や肺炎、呼吸困難で呼吸停止もありうる、と。


ま、幸い、チビはかなり軽度だったので、

深夜の待合でもトミカ転がしたり麦茶飲んだり楽しそうでしたけどね。

親はね、たまったもんじゃない。心身的なダメージ、デカいです。


救急のドクターは、

「夜が明けたら掛り付けのドクターに必ず診てもらって下さい。

 あと、処方した薬を伝えて、クループじゃないか、と言われたことも伝えてね」と。


実は夜間救急って、もっとこう、やっつけで診察されるイメージあったんですよ。

この程度で夜間救急きちゃったの?みたいな対応されちゃうかな、みたいな。


優しい対応されると、テンパった気持ちが緩和されますよね。

なんだか一気にホッとしたのを覚えてます。


次の日、掛り付けのドクターにも、ウイルスが原因の仮性クループだね、

との診断を受け、粉薬と気管支拡張剤のシールを処方されて、

2日後には私にムリヤリよじ登るほど回復してますイダダダダダッ!


咳はしばらくかかるみたいなので、しばらくは吸入で通院かなー。



そんなこんなでクループ。

ご参考までに、こんな感じの病気です。【gooベビーの参照記事へ】


ほんと、子供の症状って突然悪化するから怖いですね。






◆励みになります◆
      ↓

スポンサーサイト
2011年07月23日 (土) | Edit |


チビといっしょ生活


もうね、なんつーの?

子供って無条件で粘土大好きだと思ってました。

チビのまさかのテンションの低さに驚きですよ。

他の親子はね、そりゃもう楽しそうに仲良くペタペタしてました。


え?

お皿?

私一人で作りましたけど何か?






◆励みになります◆
      ↓

2011年07月19日 (火) | Edit |

最近のチビ、何やらいろんな事を考えてるご様子。

「ねぇねぇ、おかあさん…」という滑り出しで、

いろんな話題をフッてくるわけ。


「ねぇねぇ、おかあさん」

「なぁに?チビ」

「掃除機はタイヤがあるから動くんだね、これタイヤでしょ?」

「そうそう!よく気付いたねー。」


みたいな感じの会話が、日に何度もあるわけ。

おかあさんおかあさんおかあさんおかあさん、ほんと、呼び過ぎ。

減るっつーの。(仮に減るなら皮下脂肪希望)


でさ、内容は質問攻めが8割なんですが、

ユトさんから一方通行な会話のみだった数ヶ月前から比べると、

思いがけない会話を切りだしてきたりして、なんつーか、新鮮。

そしてチビと二人きりの日々に面白みが出て参りました。



そんなある日。



チビ 「ねぇねぇ、おかさん。」


ユト 「なぁに?チビ。」


チビ 「これ作ってー。」



食器を洗いながら、カウンター越しにチビをみると、

どうやら雑誌の付録を組み立てたいご様子。



ユト 「あー、お母さん今、食器洗ってるからチョット待っててー。」



うん、ダメもとでこっちの都合を主張してみた。

返ってくる反応は100%、「嫌!今!!お母さん作ってェェェ!」という、

私の都合を完全無視する言葉だと思ってたんですよ。

ところが。



チビ 「そっか、僕がやるから。おかあさん、いーよいーよ。」


ユト 「えっ!?」



ちょ、なにそのセリフ。

ドスッ!って感じで意表を突かれたんですけど。


なになに?どんな心境の変化?

私の手を煩わせまいとする、その気の使いっぷり、

若干、惚れそうになるんですけど。(ムハー!)(胸部を押さえながら)


チビの奴隷になり下がり早三年。

先の見えない、真っ暗な迷路の如し育児街道(しかもジャリ道)を、

手探りでさ迷い続けたきたわけですが、

何だか遠くにキラめく光が…もしや…あれが…あれが出口っ…!?


ごめんねー、お母さん手が離せなくってさー、なんて言いながら、

期待に満ち溢れ、想像の限りを尽くし、高ぶる気持ちを押さえきれず、

ニヤニヤニヤニヤ気持ち悪い笑みを浮かべて様子を見てたんですよ。

いやー、三歳ともなるとスゲー、侮れねー、なんて考えてた刹那。



チビ 「おかあさん、やっぱりムリだったの。やって。」



だよねー、うん。

いやぁ、ま、やっぱね、って感じだったんですけど、

うん、チビのね、気持ちがね、嬉しかったよね。

お母さん、いいからいいから、洗ってて、みたいな。

いっちょまえに、僕に任せてとエエ格好する感じが、

何かこう、小さくても男子、みたいな。


いいぞ、目指せ、フェミニスト。

老若問わず、特に女子に優しくあれ。



そしてモテるといい。

バレンタインとかチョコめっちゃ貰うといい。

「先輩!好きです!付き合って下さい!」

「あー、そっか、でも今彼女とか興味ないから俺、ゴメンね?」

みたいな感じでクールに且つ優しく断るといい。(ムハーッ!)



ちょ、あれ?

みんなついてきてる?


あ、私?

大丈夫大丈夫、病院とか紹介してくれなくても。








◆励みになります◆
      ↓

2011年07月15日 (金) | Edit |

2007年9月中旬。

チビの妊娠がわかって、約二十歳から吸ってた大好きな煙草、

そして結構好きなアルコールを封印しました。


でさ、チビ産んでから、ジックリやり込めないので、

これまた大好きなゲーム全般、プレステ、Wii、DSを封印しました。



そしてチビ、3歳。

えー、いまだにワタクシのティ首を過酷な労働にさらすかの如く、

「オッパイ飲みたぁい」と、のたまっておりますが、

もういい加減母乳とか数滴しか出てないんじゃね?と思われ、

チビがウッカリ早寝した後に、アルコールは解禁したんですよ。

ちょ、ビールうまーっ!!梅酒うまーっ!!

マッコリってそんなうまいの!?今度買ってみまーす!!!

みたいな感じで。(もう少し落ち着くといい)



煙草に関してはね、4年弱吸ってないんですけど、

未だに懐かしく想ったりします。

食後の煙草ってウマいんだよね…

イラついた時の一服って至福なんだよね…
みたいな感じで、フッと思いだすんですよ。

ほんと、どんだけ忘れられないんだ、と。

初恋か、と。


冗談はさておき、煙草でこんだけなんだから、

覚せい剤なんてそう簡単にやめられないわなーって思います。

ほんと、怖いね。


ま、私はノラリクラリと煙草から意識をそらしながら、

一生禁煙という道を頑張って歩こうかな―と思ってます。

だってさ、煙草の価格、恐ろしい事になってるじゃん。(ガクガクブルブル)

だったらその分、ワンピの玩具菓子とか買いたいし。テヘ。(←ダメ主婦)



でさ、でさ。

来年の4月からチビは幼稚園行き始める予定なんですよね。

一日のうち数時間、時間が空くわけ。

家事なんて速攻で済ませば、時間、あまるよね。

3年ぶりに一人になる時間が。


期待、高まるっ…。(ハァハァ)



解禁したい!

ゲーム、解禁したい!!


PS2に関しては、「シャドウハーツ」シリーズを全部やり込みたい(ハァハァ)

Wiiに関しては、途中だった「ワンピース」のアンリミテッドシリーズを

クリア目指してやり込みたい!(ハァハァハァ)

DSに関しては、「クロノトリガー」とか「ドラクエ」とか(ハァハァ)(以下自粛)


ああ…私の一部であるゲームよ…カムバック!(ハァハァハァハァ)



つかね、どんだけハァハァしてんのか、と。(我に返った)

ま、3年もしまい込んでたゲーム機の皆さんが壊れていない事を祈ります。



でもね、ゲームしたい反面、

ちょっと仕事もしたいなぁ、なんて思ったりもしてるんですがね。


ま、どっちにしろ、その時になってからジックリ考えるとしようか。

そんな密かな野望です。











◆励みになります◆
      ↓

2011年07月09日 (土) | Edit |

この世に生を受け、まるっと3年経過したチビ。

電車と車をこよなく愛する道を突き進んでるわけ。

他にも進む道があるだろうに、わき目もふらず猪突猛進なわけ。

電車においては新幹線から貨物列車まで、

車においては重機からスポーツカーまで。


何この「ゆりかごから墓場まで」みたいな感じ。

どこで誰が何のために掲げたスローガンだっけ?イギリス?



つか、それはどうでもいいんですが、要はね、「車&電車」はね、

子供の世界じゃ「トミカ&プラレール」に変換されるわけ。

もうね、恐ろしい程の自動変換。


とにかくね、「TAKARATOMY」の看板見つけると走り出すから。

字、読めなくても奴ら、JPEGで覚えてるからね。

もうね、何日も砂漠を歩き続けた旅人がオアシスを見つけた如く走り出すから。

その瞬発力たるや、度肝抜かれる。


でさ、値段もさ、手頃なわけ。

プラレールのパーツなんかも、まぁまぁ手頃な価格なわけ。

トミカのミニカーなんて、300円弱で購入可能なわけ。

その数百円で幼児はイチコロ。

もう天にも昇る勢い。



我が家は旦那も私もソッチ系が好きなもんで、

気付いたらね、結構増えてきてる。


2階のチビの部屋なんて、六畳を埋め尽くすほどメッチャ線路巡ってる。

駅ありーの高架ありーの跳ね橋ありーの踏切りありーので、

そのうち自治体とかできそうで怖いくらい。


それなのに、うっかり道路買っちゃいまして。


チビ 「おかあさん、つなげる道路であそぼーっ!」


チビといっしょ生活


と、こういう事になっちゃいまして、1Fにまで浸食してきた。

やべ、これ、2Fの自治体の姉妹都市とかになりそう。

多分、油断すると痛い目見る。主に私が。(ガクガクブルブル)


うん、コレ遊んだ後はバラして、なるべく仕舞う感じで。

そして、これ以上増やさない方向で。

「将来はチビの自室へ完全移動!」を、スローガンに。

スローガンつっても、全然団体じゃないけどね。

私一人ですがね。チョー個人。



ああ、今日もチビの声が響き渡ります。


チビ 「おかあさんも車走らせてー!」


チビといっしょ生活

こんな感じで、めっちゃ誘われてます。

でさ、ものすごい速さで車走らせて遊ぶんですよ。

2人で黙々と車走らせてるんですよ。

駐車場入れようとすると「駐車しないで!」だしね。


ほんと、なにこの軽いラリーレイドみたいな感じ。

めっちゃ持久力とか試されてる。

暑さも手伝って、だんだん気も遠くなってくしね。


なんて恐ろしいものを購入してしまったのか、と。


夢広がりすぎて、大人が巻き込まれてます。


恐るべし、「TAKARATOMY」。



大好きです。(ちょ、告白したよ)







◆励みになります◆
      ↓

2011年07月06日 (水) | Edit |

何気ない感じで始まった、チビのトイレトレーニング。【参照記事】

え、こんな好調に滑り出していいの?

みたいな感じで実は内心ウヒウヒしてまして。

だってほら、オムツ代とかオムツ代とかオムツ代とか。ねぇ。ムフ。


あの後、日中紙オムツを濡らすことなく5日程経過した頃、

こりゃもうOKでしょ、と、チビにとある提案をしてみました。



ユト 「よし!今日からトミカのカッコイイパンツ履こうよ!」



幼児の憧れ「お兄ちゃんパンツ」ですよ?

しかもボクサーパンツ。シビレる。


トミカ&プラレールを愛するチビが喜ぶのも目に見えてる。

喜びついでに「脱★オムツ」だなんて、これはもう貰ったな、と。

勝利は我が手に、と。

刹那。



チビ 「パンツはかない。オムツにする。」



思わず「は?」ってなった。

ああ、「鳩が豆鉄砲をくらう」って、こんな感じかー、みたいな。

うん、身をもって体験。


いやいやいや、豆鉄砲とかそんなんどうでもいい。

パンツ!パンツ履こうよ!漏らしてないんだしさ?何で?何で?



チビ 「オムツがいい。」



あ、そう…。



何で!?どうして!?パンツはけよ!!!と、

怒涛のごとく頭の中で渦巻きましたが、まぁ、いいや。

人間諦めも肝心だし。

シツコ過ぎるのもね、嫌いだし。



というわけで、相変わらずのオムツです。(チッ)



いやいや、ほんと、まさかの足どめ。

普通に「オシッコでる」ってトイレ行けるのに。


しかもね、それさえ教えてもくれなくなったからね。

シラーッとオムツでするようになったからね。

「オシッコ出ないよ」とか平気でウソつくからね。

うん、オオカミ少年、意外と身近にいた。


なんか、「あがり」目前で「ふりだしに戻る」コマ踏んずけた感が否めない。



でさ、ちょっと思い当たる節が一つ。

しまじろうのシールが貼り終わったんですよ。す・べ・て。

もしや敗因はシールか、と。

彼の中でトイレでオシッコ=シール貼れる、だったため、

目的を失ったんじゃないか、と。

俺がトイレでオシッコする意味は、もはや、無し、みたいな。


チッ…裏目に出たか…。



でさ、ユトさん新たにダイソーで車のシール買ってきた。

さぁ、私の計画に踊らされながらオムツを卒業するがいいさ、と、

腹の中で黒く企みながら、トイレのドアにシール用台紙をセッティングしたわけ。



いやー、親の心子知らずとは、昔の人はウマい事言うよね。


私のトイレにくっついてきて、「わぁ、お母さんオシッコえら~い!」

「お母さん、どのシールにする?チビ、これがいいと思うよ」とほざき、

いけしゃあしゃあと人の手柄で自分が美味しい思いをしようとする始末。



君、意外とチャッカリしてるんだね。(目頭押えながら)



ま、私も負けていられないんで、いろいろ策を練ろう、と思いますがね。



以上、トイレトレ経過報告でした。



(ドラえもーん、何とかしてー。)(←心の声)









◆励みになります◆
      ↓

2011年07月04日 (月) | Edit |

ここ最近、いろんな単語を覚えてきたチビ。

どんどん吸収しつつあるわけ。


でさ、果物の名前なんかも覚えてきてるんだけど、

実際食べた事のないモノも多いんですよ。


まぁ、いいとこ、イチゴ、オレンジ、バナナ、リンゴ、ブドウ。


実際思い返してみて、あれ?って思った。

もしかして少なすぎない?

もっと体験させなきゃ、ヤバくない?みたいな。


チビの好みでいうと、

イチゴ>オレンジ>ブドウ>リンゴ>バナナの順で、

どちらかというと酸味のある果物が好みの模様。

したがって、キウイにね、挑戦してみた。



ユト 「ほら、キウイだよ、おいしいよ、食べてみ?」


チビ 「わぁ、キウイ~?おいしそう~、ミドリだね~」



よしきた!イイ反応!!

さぁ、果物業界において、ビタミンC含有率の頂点に君臨する、

このキウイを制したならば、君のトゥルトゥルお肌の将来は保障されたも同然。

さあ、貪り食うがいい!



チビ 「あ、ツブツブ嫌ぁっ!おかあさん、タネとって!」



は!?今なんつった!?



ユト 「や、イチゴだって表面ツブツブでタネだらけじゃん?

    美味しいってたべてるでしょ?だか…


チビ 「タネとって、おかあさん!」



こーのーヤーローウー、私のセリフに食い気味で…っ!


無理だから。

キウイのタネとるとか無理だから。

表面の緑の部分だけ切るの?

メーンードークーサーイーんーでーすーけーどー。


つかさ、中心部分の白からパンチの利いた黒いツブツブのアクセント、

そこから広がるグリーンのコントラストをトータルしてこそのキウイじゃん。

それ端折って、外側部分だけて、それはもはやキウイにあらず!(キウイだけど)


もうなんかいろいろ面倒くさいんで、グズグズ言うチビを無視して、

ハイ、シャッチョサーン、キウイ、タベテミテー、オイシイカラー、と。

半ば瞳孔開き気味でクチの中に放り込んでやった。



チビ 「キウイ、おいひぃ(モゴモゴ)」



ね、美味しいでしょ?

男なら四の五の言わんと、とりあえず行っとけ、と。


ほんと、何か、こういう細かいの、弱点だわこの人。

ゴマのツブツブとかもね、今後の課題ですよ。






◆励みになります◆
      ↓

2011年07月01日 (金) | Edit |

なんかさ、ムンムンと嫌な暑苦しさが続いてるんですけど。


一年中乾燥しがちな太平洋沿岸部に住んでると、

何気にこの梅雨時期がね、師走以上に乗り越え時期かと。

あれ?一年の計って梅雨明けだったっけ?

って錯覚するくらい乗り越え時期かと。(二回も言った)



ま、とにかく晴れてる日って、いいよね。

居酒屋行って、「とりあえずビール!」

んで、ジックリつまみ選ぼうぜ!みたいなノリで、

「とりあえず散歩」とか、「とりあえず公園」みたいに、

あとでそっから考えよう、とか出来るじゃないですか。


「恵みの雨」なんだろうけど、ちょっとテンション下がる。

この雨降りに「公園行きたい」とかゴネられるとそりゃもう、

何かイロイロとフガーッ!みたいな。



こんな時には音楽だな、と。

気持ちを穏やかに過ごすべく、音楽だな、と。



ユト 「チビ、CD聞こうか?」


チビ 「えいごであそぼのやつ、聞くーっ!」



でさ、こっから始まります。

演奏会が。


チビ、ダッシュでアンパンマンのシロフォンをセッティング。

そして私のデジタルピアノの電源を入れると、



チビ 「おかあさん、ピアノね。ぼくシロフォンひくから。」



と、上から目線で担当楽器を支持。

お前は一体何者なんだ、と問いたいのをグッと堪えて、

チビとデュエットが始まるんですよ。


んで、ユトさん気分よくピアノでABCソングとか演奏してるとね、

100%中断させられますから。



チビ 「やっぱり、おかあさん、シロフォン。ぼくがピアノ!」



始まった始まった。


チビといっしょ生活


ものスッゴイ速さで叩きまくってるから、

デジカメのシャッター速度も追いつかないからね。

つか、ピアノが心配だっつー話。(お願い壊さないで)



ま、本人がご機嫌なので、ヨシ、とするか。



そんな感じで、でたらめコンサート開催中です。







◆励みになります◆
      ↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。