--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


◆励みになります◆
      ↓

2011年03月30日 (水) | Edit |

皆様ご無沙汰しております!

3月11日の震災におきまして、沢山の方にご心配して頂き、

本当に有り難うございました!


震災直後からライフラインが途絶え、

大きな余震に不安になりながら過ごした数日。

常に「圏外」を表示する携帯電話が、深夜や朝方の一瞬に、

少しずつ微弱に電波を受信し始めた5日後。

ブログやtwitterの皆様の心配コメントを初めて確認できました。

とても嬉しかったし、有り難かったし、何より心強く思いました。



我が家ではチビはじめ、旦那も私も怪我無く、

新築同様の自宅建物も宅内も、特に目立った被害は有りませんでした。

本当によかったです。


と言いたいところですが・・・。


湾岸部に住まれてた沢山の方々が、本当に沢山の方々が、

津波という大きな被害を受け、亡くなられました。

それを思うと正直、「無事でよかった」と軽々しく喜ぶことに抵抗を感じるんです。

大切な全てを失い、あまつさえ命を失ってしまった同じ被災者の方々を思うと、

たかだか電気や水道が数日使えなくなっただけの自分たちが、

「被災者です」と名乗る事が、おこがましいんじゃないか、とも思え・・・。


何だろう・・・それは、罪悪感にも似た、何とも表現しがたい、

とても鈍くて重い感情です。



3月11日の、あの瞬間が来るまで、全ての被災地の人間が、

ごく当たり前の日常を、平等に過ごしていたはずなのです。


一瞬にして失いました。

毎日淡々と繰り返される日常も、平凡な毎日も。

当たり前にそこにあった平凡な日常は、

全然当たり前じゃなかったということ。


知っていたつもりでした。

この平凡な日常は当たり前ではないということを。


でも、今回の震災を受け、身近な地域の人達の、

現実とは思えぬような惨状を目の当たりにした今、

本当に知っていたのか、と。

知っていたつもりになっていただけじゃないのか、と。



生かされた私達は、この現実を乗り越え、

亡くなった方の分まで精一杯生きなければいけないと思います。

そして、いつまでも忘れることなく、亡くなった方々の冥福を祈り、

想うことが、最大の供養になるのだと思います。



現在は秋田の義実家にチビと二人、お世話になってます。

なのでなかなか更新とかできないんですが、

隙をみつけてチマチマと地震の記事を書いてます。


正直、しばらくは記事に起こせませんでした。

あまりに自分の気持ちに整理がつかなくて。

それほど恐怖で、且つ衝撃的な体験だったのだと思います。



でもね、目を背けちゃいけない。

私達は経験してしまったんですから。


チビが大きくなったら話すつもりです。

どんなに恐ろしく大きな揺れだったのか、

津波がどんな恐ろしい悲劇を生んだのか、

どれ程の人が命を、全てを失ったのか、

どれだけの涙が流されたのか、

そして、どれほど世界中の人達が心を砕いてくれたのか、を。


その為にきちんと記事に綴っておこうと思います。



とりあえず、元気です!との報告と、

皆様へありがとう!の感謝の意を込めて(CHU♥)(あ、チューはいらない?)








◆励みになります◆
      ↓

スポンサーサイト
2011年03月08日 (火) | Edit |

堂々と2歳9ヶ月を迎えてしまったチビ。

えー、あいも変わらない食事情でありまして。【参照記事】


その中で本人が「嫌い」と断言する食材が明確になりました。



納豆&牛乳



納豆に関しては、何とか食べさせてみようと、

お湯でヌメリを取り、彼の大好物のチャーハンに忍ばせてみたんですが、

これまた見事なまでに玉砕しまして、ひとくち含んだ瞬間クチから吐き出し、

あげく、「チャーハン、おいしくない」と。


しかも数日後のチャーハンの日、

食べる前から「チャーハンおいしくない、納豆きらい。」と言い放ち、

「大丈夫だから!もう二度と納豆入れないから!マジ、食べてみて!」と、

もはや懇願する勢いで口に含ませ、やっと嫌疑が晴れた次第でありまして。

ほんと、間一髪でトラウマ騒ぎに発展しかねなかったからね。



でさ、牛乳。

これは飲めた方がいいような気がするんだよね。

ほら、給食なんかでも出るんでしょ?

まぁ、昔に比べてアレルギーなんかに敏感な時代だから、

飲まなきゃ帰れないとかハードな事はないと思うけど、

体にもいいから是非飲んでほしいかなーみたいな。


私自身、牛乳と卵が大好きだったけど、

アレルギーで子供の頃は制限かけられてて、

好きなのに沢山食べれなくて少し悲しかった事情があったわけ。


チビの奴、今んとこアレルギー皆無という幸せな状態だから、

是非牛乳のんでもらいたいなーという親心から、

試してみましたよ、コレ。



いやね、とても美味しく飲んでました。

主に私が。


チビに関しては、グラスの白い液体を見た瞬間に、

「ぎゅうにゅう、きらいだもん。」と。

当たって砕けろどころか、当たる前から砕け散ったからね、この作戦。


どんなに「チョコの味がするんだよ」と力説するも、

結局見向きもせずに、「はー、おちゃ、おいしい。」と、

私のウーロン茶を飲み干す始末ガッデム。


じゃ、この手はどうだい?と、

チビの大好きなイチゴ味のフルーチェにも挑みましたが、

ひとくちで「おいしくない」と吐き出しましたから。

しかも手でクチからかき出したからね、フルーチェ。



もうね、そんなに嫌いなのか、と。


ほんと鉄壁。

鉄壁過ぎて逆に感心する。



もうユトさん諦めモードだから。

納豆と牛乳、諦めたから。



・・・・・・・・・。



あれ、

でももしかして、打開策とかあったりする?(←諦め切れてない)







◆励みになります◆
      ↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。