--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


◆励みになります◆
      ↓

2011年01月31日 (月) | Edit |

ウチのチビ、小魚が好きなんですよ。

ほら、アーモンドの細切りなんかと一緒に入ってる、

パリポリ甘いジャコみたいな奴。


あれ結構固いよね。

でも2歳児の乳歯、侮るなかれ、パリポリいくわけ。


ね、ニンジンがチョット固めなだけで、

「かたい~」とかホザいてクチから出すクセにさ。

小魚の方がよっぽど固いっつー話。

何なんだ。



でさ、問題はソコじゃないわけ。


んじゃドコなの?っつーことになるんだけど、

問題は、程良くブレンドされたアーモンドにあるの。


チビの奴、ビタ一文、アーモンド除外するんですよ。



チビ 「おかーさん、アーモンド、おいしいおいしい。」



って言いながら、ワンコソバさながらのペースで、

私の口の中に細切りアーモンドねじ込んでくるんですよ。

パッと見、純真無垢な天使っぽい満面の笑顔で。



あれ?

今チビの背中に黒い羽根っぽいの見えた気がする。(目を擦りながら)



ま、妄想はともかく、

小魚ポリポリ食べながらDVD鑑賞してるだろうチビが、

何か静かなんですよね。


洗い物を終えて、「何してんのー」なんて言いながら、

チビの側に行ってみたらね、

トミカのトラックの荷台一杯に「細切りアーモンド」びっしり乗ってた。

もうね、それ積載量オーバーじゃね?っつーくらいに。


ビジュアル的に面白過ぎて、ユトさん思わずウケてしまい、

あれ?もしやここで「食べ物で遊ぶんじゃない」と叱るべきだったのか!?

と、若干戸惑ったんですが、まぁ、乾きモノだし私が後で食べればいいか、と、

結局お咎めナシってことで一緒に運搬ゴッコして遊びました。

楽しかった。




あれ?ダメ?ダメ親?







◆励みになります◆
      ↓

スポンサーサイト
2011年01月28日 (金) | Edit |

前々からアレ?って思ってた事があるんですが、

ここ最近、もしかしてもしかする?っていう思いが、

ムクムクと肥大しまして、胸の辺りでわだかまって参りました。


チビと二人でどこか出かけると、

100%の確率で女子に声かけてる。(老若問わず)

うん、もちろんチビが。



チョット例をあげてみましょうか?



■コンビニで商品出ししてる店員さん(女子)に、

 これから会計するチャギントンの絵本を得意気に披露。

 「チャギントン、DVDみた。昨日、みた。」と、どうでもいい内容を語りだす。


■雑貨屋さんにて、しゃがんで商品チェックしてる店員さん(女子)に、

  「これ黄色だね」などとホザキつつ隣によりそう。


■ドラッグストアで接客中の店員さん(女子)の側に、

  そっと無言で寄り添う。

 


とまあ、ほんと、チョットだけあげてみたんですが、

これ、さっきも言いましたが100%ですからね?

うん、言い方変えると10割。

10回中10回ってこと、うん。



何なわけ?(瞳孔半開きで斜め上45度見上げながら)



ほんと、全てが万事、この調子ですよ。

皆さん仕事中なのにほんと、申し訳ないです、みたいな。



でさ、こないだなんてさ、

これを上回る感じの出来事がありまして。



うん、まさかの一般客に対するストーカー行為。(もちろん女子)



チビ 「お姉さんと買い物するー」


女子 「やだー、可愛いねぇ、ボクー」


ユト 「ああ、すみません!ほら、お母さんといっ


チビ 「イヤ!お姉さんと買い物するぅ~」



き、きさま…食い気味で即答しやがってっ…(ギリリ)←(心の歯ぎしり)



女子 「お姉さん嬉しいけどママ心配するよ~?」


ユト 「ほら、お姉さん次のお店行くんだって!バイバイしよ?」


チビ 「お姉さんとぉぉっ!」(手をつなぎつつ)

ユトさん、心の中で土下座状態だからね。

ほんと、邪魔してすみません!!みたいな感じで。



もうね、チビの奴め、どうしてやろうかな、と。

どんだけ知らない人が好きなのかな、と。


しかも女子限定なのが恐ろしい。

3歳を待たずしてこの男子としての本能やいかに、みたいな。


ま、男子ばっか追っかけるよりはマトモか、と、

結論付けた矢先に、店内を巡回する警備員さん(壮年男性)と、

仲良く手をつなぎ店舗内巡回してました。



えーと、どなたかよいアドバイスはありませんか?

もしくは私に励ましのお言葉を。






◆励みになります◆
      ↓

2011年01月25日 (火) | Edit |

車の中で聞く音楽がだいぶマンネリ化したので、

心機一転、新しいデータを入れ直してみました。


うん、マドンナとマイケル。

まぁ、その他モロモロも。



でさ、とりあえずユトさん、運転しながらノリノリでマイケル聞きたいわー、

「ポ      ッ!!!」って一緒に叫びたいわー、って、

ワクワクしながら出発進行したわけ。


そう、きっと気分よくドライブは続くの。

うん、続いていくはずだったの・・・。(遠い目)



でさ、「マイコー、やっぱイイわー」なんて、ご機嫌な感じで激しく歌いながら、

「ほら、チビも一緒に歌おう!」と、2歳児に対してかなりムチャなお誘いかましつつ、

マイケルを堪能。


まぁ、ぶっちゃけ「スリラー」聴いてたわけなんだけど、

この後「ビートイット」→「バッド」と続くわけ。

もうね、テンション上がりそうな曲が順番待ちしてる状態なわけ。


例えるならば、メインディッシュに次ぐメインディッシュなのに、

またメインディッシュ!?みたいな。(え、わかりずらい?)


で、ノリノリで「スリラー」が終わろうとしたその刹那。



チビ 「もーいっかーい!」


ユト 「え゛!?」



そりゃ「え」に濁点もつくよね。

だって次の曲に行く気満々だったんだもん私。



や、まぁ…うん、いいよ!

スリラーも好きだしさ、もう一回くらいお安い御用。



(ノリノリでスリラー堪能中)



チビ 「もーいっかーい!」


ユト 「えー、もう一回だけだよー?」



(ノリノリでスリラー堪能中)



チビ 「もーいっかーい!」


ユト 「もう一回だけね?…」



(ノリノリでスリラー堪能中)



チビ 「もーいっかーい!」


ユト 「・・・・・・」


チビ 「もーいっかーい!」




「ビートイット」聴かせてお願いっ…!!!!(心の叫び)




ユト 「あのさ、次の曲もイイから聴い


チビ 「もーいっかーいっ!!」



そこまで食い気味に主張しなくてもいいんじゃね?って、

結構心の底に近い部分から思った。

何かイロイロ湧きあがる感じで。



んで、もちろんこの後エンドレスでスリラーだったからね。


解決策として、スリラーしか入れなかったよね、私。

って思うことにした。



あ、泣いてないよ、泣いてないから。









◆励みになります◆
      ↓

2011年01月19日 (水) | Edit |

最近ね、チビがアニメに熱を上げてます。

よくレンタルしてるのは「おさるのジョージ」と「ペネロペ」なんですが、

ここ最近ドップリ夢中なのがコレ。




うん、「チャギントン」っつーの。



いきなり「これ借りゆーっ!」って鼻息も荒く持ってこられた時、

思わず「は?」ってなったからね。「何これ」みたいな。

しかもいきなりの第2巻だし。1巻は?


でさ、チビのあまりの熱望ップリに根負けしてレンタルしたんだけど、

これがまたどうして、想定外に面白いんだけど、みたいな。


ストーリー的には、ウィルソンとココ、ブルースターの幼い見習い列車3人組が、

チャギントンという街でいろんな事を経験しながら、共に成長してくっていう、

情操教育にはもってこい、みたいな感じです。


あ、私の情操教育じゃなくて。

もちろんチビの。



当の本人は、オープニングの曲を覚えるほどに熱の上げっぷり、ハンパない。

一緒に歌いながら、TVを指さし私に同意を求めるのです。



チビ 「スーパー白鳥!スーパー白鳥走ってゆ!速ぁ~い!」


ユト 「は?」


スーパー白鳥て?

チャギントンっつー世界観で、スーパー白鳥って何よ。


あ。



【スーパー白鳥】

【ココ】



いや、まぁ・・・うん・・・・。

気持ちはわかるよ?


でもとりあえず、これからは頑張って、「ココ」って認識してあげて。



そんな感じで、チャギントン、お勧めです。








◆励みになります◆
      ↓

2011年01月15日 (土) | Edit |

そうそう。

忙しさにかまけて記事にし損ねてたんですが、

年末にね、クロネコヤマトのお兄さんが来たわけ。


「や、今日は荷物じゃないんですけどねー」とか何とかいいつつ、

「チビちゃんもユトさんも好きそうだし買うかなーって思ったんですけどねー」と、

持ってきてくれたのがコレ。


チビといっしょ生活


買うっつーの。

クロネコマニアなら普通に買うっつーの。

むしろこういうの大好物だっつーの。


よかった。

キャンペーンとか限定品出たら教えてって頼んどいて。



でさ、中はこんな感じ。


チビといっしょ生活


おおおおお菓子タップリでテンションあがるわー。(ハァハァ)(←上がり過ぎ)


でさ、凝ってんのよ。


チビといっしょ生活 チビといっしょ生活

        前                     後



実は底の部分も車軸が描いてあったりして凝ってます。



ああ、クロネコの兄ちゃんありがとう。

これからもヨロシク。マジヨロシク。

とくにミニカー系でキャンペーンとかあった場合、特に。ね?




そんな訳で、現在このヤマトトラック缶BOXは、

チビのお出かけ用ミニカーバッグになってます。



え?中身?


そんなもん、私の胃袋の中へとっくに(以下略)



あ・・・・。

そういえば私の今年の抱負、3キロ減だった。



ドンマイ。テヘ。(←ダメ具合絶好調)






◆励みになります◆
      ↓

2011年01月12日 (水) | Edit |

気付けばチビも2歳7ヶ月。


「絵本を読みたい」という欲求が出てきまして。

ま、厳密に言うと「見たい」ですかね?


でさ、今まで寝る前に絵本読む習慣とか全然無かったのに、

チビが「絵本よむー枕するー」って言いながら、

私と同じ枕に頭をグリグリ寄せてきて、おねだりするんですよ。(ハァハァ)


そう、大事な愛読書を抱えながら。



【チビの愛読書A】

  
チビといっしょ生活


【チビの愛読書B】

 
チビといっしょ生活


チビ 「ここ!(読め)」


ユト 「安心安全温風ヒーター!」


チビ 「ここ!(読め)」


ユト 「加湿機能付きで快適空間!」


チビ 「もいっかいー!(嬉々としながら)」




もうね、泣けてくる。


いや、我が子の成長に、じゃなくて。



ねぇ、ちょっと聞いてもいいかな?

「お子さん、どんな絵本が好きなのかな?」とか聞かれてさ、

「あ、住宅設備だとINAXが一番好きなのかな~、

家電だとパナとかシャープのカタログが大好きですよ。

特にファンヒーター系が。」って朗らかに答えられる?


悪いけど答えられない。

激しく無理。


100%ドン引きされるの目に見えてる。

もしくは絵本ぐらい買ってやれよ、とか普通に思われそう。(ヒー)




ああ、贅沢は望みません神様。


もし、少しだけ許されるならば、

「しろくまちゃんのホットケーキが好きなんですよー」とか、

「はらぺこあおむしが大好きで…」とか言いたかった…くっ。



そんな母の気持ちを微塵も気にすることなく、

「絵本読むー」と言いながら今日も貪るようにカタログを眺めるチビ。


チビといっしょ生活


本日のカタログは加湿器のようですね。

君、ほんと、勉強熱心だね。(しょっぱい眼差しで)



だから…

そもそもそれ、絵本…じゃないっ…(目頭押えながら)





◆励みになります◆
      ↓

2011年01月07日 (金) | Edit |

1月7日、金曜日。

新年もあけましてもう7日目ですおめでとう。

ああ、もっと元旦っぽい辺りでおめでとうって言いたかったユトです。
本年もどうぞヨロシクお願いいたします。


えー、もうね、新年早々、帰省による洗濯やら洗濯やら洗濯やら、

掃除やら片づけやら年賀状のチェックやらレシート入力やらで

忙しいんですが何で?

嫌だこんな新年の明け具合。


そうボンヤリと考えつつも、

最近「滑り台滑り台」うるさいチビのために、

昨日近所の公園に散歩に行ったんですよ。


いやー、何つーの?

外気温0度だったよね。


ほら、滑り台滑ってスグ帰るつもりでいたから、

ユトさんデニムのミニスカに80デニールのタイツだったわけ。


あ、察してくれた?

恐ろしい事件が始まろうとしてる雰囲気とか。



ユト 「寒い寒いだから、滑り台たくさん滑ったら帰ろうね。」


チビ 「ハイッ!」



チビが楽しげに滑っている間、ユトさん滑り台を中心にランニング開始。

焚火を中心に踊る狩猟民族さながら。


だって寒いの。

悪いけど、いくら愛する息子といえど、黙って笑顔で見守ってられない。

もし、40歳淑女として許されるなら、派手にモモ上げしたね、確実に。


でさ、そんな極寒状態に耐えつつ、

もう10回は滑ったんじゃない?って頃合いを見計らって声を掛けてみた。



ユト 「沢山滑ったよね~、そろそろ帰ろっか?」


チビ 「ダメ、ココいる。」


ユト 「・・・・・・」(チーン)(←仏壇の鐘)



ねぇ…君、さっき「ハイッ!」て言ったよね?

寒空に響き渡る大きな声で「ハイッ!」って言ったよね?

あれ、私の空耳だった?希望的幻聴だった?


もうね、この時点で普通に泣きそうになったわけ。



あれ?

言いましたっけ?

外気温0度って。

あ、言いました?


うん、外気温 ゼ・ロ・度 ♥



もうね、心の中で「ガッデム!」って叫んだし。

普通に叫んだし。



でもさ、「普段散歩とか公園遊びとかほとんどしないしな」という、

ちょっとした「申し訳ない感」が心の中でユラユラしてた私は、

ついウッカリ「お散歩しながら帰ろうか」とか無意識に言っちゃった訳で、

もうホント、「ここ山間部じゃないのに。平野部なのに凍死しそう」とか、

マジで考えた。考えながら歩き続けた。


帰ってきたら1時間とか普通に過ぎてた。(震えながら)



あ、お花畑?

遠くの方にチラッと見えた気がしたYO!(シッカリして)(いろんな意味で)



そんな感じで今年も「チビいつ」始まります。






◆励みになります◆
      ↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。