--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


◆励みになります◆
      ↓

2008年11月30日 (日) | Edit |
フ、と気づいたら、露出狂のごとく片乳出したまま、
冷蔵庫の前で水ガブ飲みしてましたユトです。

私、大丈夫ですか?
やだ、ウッカリ出てた、てへ!
って笑えるレベルですか?


さて、皆さん乳出してますか?(えぇ!?)
私、オッパイの後+ミルクの混合です。
私が思うに、オッパイって、正直、ミルクより楽です。
チビの機嫌とか空腹感とか眠いとか淋しいとか、
愚図ったらとりあえずオッパイで、すべてがおさまるんですから。

夜中だって、フニャと覚醒し出したら、
ハイハイ、って乳首くわえさせただけで
数秒で眠り再開するんですから。

これがミルクだった場合。
寒い夜中、起きだしてミルクを作り…。
完全ミルクのお母さんたちには、ほんと、
尊敬の意を表したくなる。


いや、今日はちょっと、母乳の話。

「母乳育児に思う~その時ユトは~」
みたいなノリで、一応残しとこうと思って。(どんなノリよ)
あと、チビへの秘かな想いとかね。

ちょっと、いつものノリと違うかもしれません。
それでもいいよ、と、いう方はどうぞ。(ぺこり)



さて。
私の出産した病院は、出産直後から母子同室、
そして母乳育児に力を入れてる病院だったんですよ。
なんか、ユニセフに、赤ちゃんにやさしい病院ですよーって、
認定されてるとか、されてないとか。(いや、されてるの)

別にそれで病院選んだわけじゃなくて、
たまたま妹も出産してたから、っていうのもあるし、
小児科も小児外科もあって、出産時、万が一の時にも心強いかなー、
っていう理由で決めたんですけどね。


私、妊娠中から漠然と、母乳で行こう、と思ってました。
「哺乳瓶の消毒面倒くさいよー」とか、
「夜中にミルク作るの大変じゃん」とか、
「外出時の大荷物嫌だしー」とか、
「何よりミルク代かかるしさ」みたいな、
なんともグウタラな理由で。

なにより、母乳って、出産したら簡単に誰もが出せるもんだと
疑いもしなかったんですよね。

母乳育児にしようかな、ミルクにしようかな、だなんて、
そんな簡単に選べることじゃなかった事を、
私は10日間の入院で思い知ることになるのです。


さて。
出産直後から母子同室なので、いつもチビと一心同体。
ついさっきまで、腹の中にいたチビを、
温かくも、不思議な気持ちで眺めていると、
ユトさん、授乳してみましょう、と、助産師さんがやってきた。


ユト 「授乳って言われても…。」


出産当日、私のオッパイは母乳を出す気配ゼロ。
妊娠前と変化なし。(乳首の色以外はな)(泣)


助産師 「いいんですよ。赤ちゃんが吸う事が大事なんですよ。
      そうする事で必ずオッパイ出ますからね。」

      
そうなんだ。
何だかよくわからないけど。
とりあえず初めての授乳作業にアワアワ。
助産師さんの指導で、乳首ではなく乳輪すべてを口に含ませるように、
チビの首根っこを手で押さえながらカップリ咥えさせ、ガッチリ固定。

正直、衝撃的でした。
今まで私の中で、授乳=乳首チューチューだったから。

助産師さんの、乳輪部分を赤ちゃんが舌と顎でシゴく事でオッパイが出てくるんですよ、
という言葉で、初めて乳輪存在の意味を知ったんですよね。
まったく、よくできてるなぁ。


吸わせることに意義がある

まさにこの状態でした。
生まれたばかりの新生児は、「オッパイを飲む」欲求ではなく、
「乳首を吸いたい」欲求が強いそうです。


そしてここで問題発生。
チビが上手に咥えられない。

舌を巻いてしまって乳輪ごと乳首を奥まで含めないために、
どうしても楽に浅く乳首だけ吸おうとするのですよ。
奥まで含ませようとすると、気に食わないようで怒る怒る。

その様子を、頭の片隅のどこか冷めた部分で、
激昂するってこういうことなのかな…って、漠然と思ってたんですよね。
きっと、まだ何か感情的な部分で親とか子とか、母性だとか、
スイッチが入ってなかったんでしょうね。
何か、こう、胸のあたりのどっかでリアリティがない、っていうか。


とにかく、母乳の分泌が始まる前に、
正しく乳首を含ませるための特訓が始りました。

授乳の度に、助産師さんが、チビの上あごの窪み部分あたりを、
人差指の第二関節まで入れてシゴきます。
怒り、のけ反り、えづきながら、泣き叫んで逃れようとするチビ。

それから助産師さんが乳房を咥えさせます。
浅く乳首だけ含もうと、自分で調節しようとするチビの首根っこを、
グッと押さえつけて。

この時、何とも言えない、今まで感じたことのない感情が湧いたんです。
苦しいような、切ないような、罪悪感のようなものが。


こうして、助産師さんの指示どおり、
泣いたらオムツ&練習&オッパイ吸わせてを繰り返すこと3日。
赤ちゃんが持って生まれてくるという、栄養弁当3日分の期限を迎えます。

未だ、母乳分泌、ナシ。

生まれて3日、一度も栄養を摂ってないチビ。
体重だけが減っていきます。
生理的減少だと解っていても、
不安な気持は燻ります。


4日目。
泣き叫びながら特訓を受けるチビ。
出ない母乳。
減っていく体重。
体温の上昇。飢餓熱です。
とうとう、糖水がスポイトで与えられました。

ほんの少しの糖水で満たされたのか、
オッパイを吸うのに疲れ切ったのか、
静かに眠りについたチビ。

母乳育児のために必要な練習だと、
頭ではわかっているのに、感情が邪魔をします。
泣き叫び、嫌がり、空腹を訴える姿を思い出しながら、
腕の中にスッポリ納まり、今は静かに眠る、
頼りない私の子供を、ボンヤリと眺めながら思いました。

オッパイ飲みたいだろうに。
お腹、物凄く空いてるだろうに。
好きなように吸いたいだろうに。
何で私のオッパイは出ないんだろう。
私、母体として欠陥品なのかな。
ゴメンね、チビ。
ゴメンなさい。


こみ上げる涙を堪え切れませんでした。

大丈夫、ユトさん、絶対出るから!
チビちゃんもこんなに吸うの上手になってるもの!

私の心中を察しただろう助産師さんが、
一緒に泣きながら掛けてくれた温かい言葉に、
唇を引き結んで何度も頷きながら私は、
「もう、ミルクでいいです…母乳諦めます…」という言葉を飲み込みました。



そして5日目。
突然の変化が訪れたのです。
目が覚めるとオッパイがカツンカツンに張ってました。
え、何コレ!?
戸惑う私に、

ユトさん、やった!頑張ったね!!と嬉しそうに言いながら、
助産師さんの乳管マッサージが始まりました。

ははっ、思いだしても痛みが蘇るほど、壮絶なもんでしたよ。
妹から聞いてはいたけど、想像を絶する痛みでした。(まさに悶絶)

陣痛に耐え、分娩に耐え、会陰切開の傷の痛みに耐え、
肛門の痛みに耐え、あげく、この痛みですか、みたいな。
次は何じゃいっ!みたいな。


練習の成果か、チビがオッパイを吸ってます。
まだまだ下手ッピなクチつきで。

頑張ったかい、あったよね、チビ。
君があんだけ頑張ったんだもの、
次は私が頑張る番だな。


そう誓って、数か月。
結局チビの飲みっぷりに私の母乳の生産が、
追いつくことはなかったんですけどね。(どんだけ飲むのよ)

ま、無理をしないで、母乳とミルクでスクスク育つチビ。
旦那ッチもチビにミルクあげたりで、3人で楽しく穏やかに過ごす日々。

あの当時は大変だったけど。
不安と辛さで、イッパイイッパイの日々だったけど。

母乳育児、経験できてよかった。
諦めないで頑張ってよかった。

今日もオッパイあげながら、
チビを見つめて思う。

いつの日か、チビは大きくなって、
オッパイ吸いながら寝たことも、
頭を撫でられながら眠りについたことも、
湧きあがる愛情を持て余した私に、キツク抱きしめられたことも、
きっと忘れてしまうんだよね。

でも、いいんだ。
別に忘れられても。

私は忘れないから。
ずっと覚えているから。


子供を想う、親の気持ちって、こういうことなんだよね。きっと。


そして、あの日。
一緒に泣いてくれた助産師さんに、
ありがとう、を。




◆励みになります◆
      ↓

スポンサーサイト
2008年11月28日 (金) | Edit |
4ヶ月も半ばを過ぎて、
チビの左下の前歯が顔を出した時、

「授乳中に乳首噛まれ全治1ヶ月の大けが」

っていう見出しの事件が、私の脳内新聞に載ったんですよね。
うわー、相変わらず妄想力、絶好調ですね私。

まぁ、全治1ヶ月は大げさだけど、
まるでカリカリ梅の如く、
チビに乳首をカリリとやられる「Xデー」は、
きっとすぐそこまで来てんじゃないの!?
足音忍ばせて近寄ってきてんじゃないの!?
なんて怯えて過ごしてきたんです。

が。

赤ちゃんがオッパイ吸う時って舌を使うから、
歯がね、あたんないの。ふっふっふー。

そんな、特に噛まれるというトラブルなく、不安も薄れまくった最近、
なんと、チビの上の前歯が2本、同時に生えてきたんですよ。
はやっ。


あのさ、何かね、上の歯が生えてから、
授乳の時、乳輪部分がチクチクするの。


あ、明らかに、歯、当たってる…(ガクガクブルブル)


思わず授乳のたびに、

「授乳中に乳首噛まれ全治1ヶ月の大けが」
「授乳中に乳首噛まれ全治1ヶ月の大けが」
「授乳中に乳首噛まれ全治1ヶ月の大けが」

って脳内を駆け巡るんですよ。
走馬灯も驚く勢いで駆け巡るんですよ。


いつ、カリリとやられるかと思うともうっ…(瞳孔開き気味)


はっ…足音が聞こえる…
「Xデー」が歩み寄る足音がキャ        !!





◆励みになります◆
      ↓

2008年11月27日 (木) | Edit |
ちょっと過ぎちゃってるんですけど、
とうとう生後6ヶ月を迎えることができました。


旦那ッチ 「チビもとうとう0.5歳だね~。」

ユト 「あ、最近はハーフバースディとか言うらしいよ。」

旦那ッチ 「へー、そうなんだー。」

ユト 「うん、そうなんだってー。」


えー、めっちゃテンション低そうですけど、
そんなことないですから。
心の中では祭りが始まる勢いです。(旦那ッチが)


そして、この世に生を受けて半年もたてば、
かなり人間らしく変貌を遂げてきてるわけです。

4ヶ月過ぎたあたりから生えてきた歯も、
完全に生え切ってないけども、
今や4本顔を覗かせてますよ。
乳歯ってば、ちょい気ィ早いよね。(乳首の声)(ガクガクブルブル)

あとね、オナラの爆音とかね、大人顔負け。
しかも匂いがね、ハンパない。
死にはしないだろうけど、
ハムスターくらいまでなら確実に意識失うね。

んで、オッパイの後、ミルクを飲みほし、
赤ちゃんチラシを読みふけりながら
ゲッフーッ!と見事なゲップをかまします。
え、何この小さいオッサン。

あ、すみません、ちょっと涙が…(目頭押えながら)


ま、そんなオッs人間臭いチビが、
唯一、天使に見えるアングル。

2008112418450000.jpg

実の母親が嫉妬さえ覚えるような長いマツゲ。
やっべ、もしかしたら長さ負けてるかも私。

ああ、とにかく、この部分だけが天使だ。(ハァハァ)


そんなエセ天使が、
今日もメリーにぶら下がってるマスコットをむしり取って、
歓喜の声をあげてるんですが…



よく見て。

P1000134.jpg

これこれ。このツマ先、かなりクセモノ。
このツマ先キックがクリティカルヒットするとね、凄いから。
予想を上回る痛さに思わずグフッって笑うから。
当たり所悪かったら血尿とか出そうだから。(マジで)

ほんとっ…生命力にっ…溢れててっ…
素晴らしいっ…ことですよっ…!(腹筋しながら)

あ、気にしないでくださいっ…
内臓防御のためにっ…腹筋鍛えてるだけですからっ!







◆励みになります◆
      ↓

2008年11月25日 (火) | Edit |
今日ね、三種混合の2回目、行ってきたんですよ。
前回泣きかけたアレ。

毎回毎回、予防接種関係には、
ホント、裏切られ続けてきたからね。(チビに)

泣きながら縋りつかれるのを夢見ること数回。
すべて空振り。

もうね、ユトさん夢見続けるのも、ほとほと疲れた。

ああ、だのに。
また期待してしまうのですよ。
何この中毒性。(どなたかお医者様はいらっしゃいませんか)


えーと、結果、うんともすんとも言いませんでした。
ちょー無反応。

注射終って出てったら、カーテンの外で待ってたママさん達が、
え、終わったんですか!?って愕然としてた。

チビよ、あんた見事だわ。

私の望みは叶わなかったけど、
マジ、えらいなーと思ったので、
帰りの車の中で褒めてたんですよ。


ユト 「でもさ、チビ今日も泣かなかったよねー、
    お母さんは注射怖いからさー、ウーとか言っちゃうんだよなー。
    チビは全然平気だったもんねーさっすが男だよねー。
    つかさ、痛くなかったのー?んなわけないかー、
    ほんと、マジで偉かったよねーすごいやー。ちょっと尊敬ー。
    ねー、チビ…」


信号待ちで後ろ振り向いたら爆睡してた。
ちょ、乗ってまだ2~3分…。

うん、私の話とかね、超スルー。
むしろ見事な独り言。

やっぱ疲れたのか。
まだ赤ちゃんだもんね。

帰ったらいっぱい寝るといいよ。
お母さんその間いっぱいゲームするから。


チビよ、お疲れ様!






◆励みになります◆
      ↓

2008年11月22日 (土) | Edit |
皆さん、寝付きはいい方ですか?

私、メッチャいいです。
もともと枕しなくても平気派なので、
枕が変わろうがスヤーッと寝れます。
場所が変わろうがスヤーッと寝れます。
ついでに旦那ッチも平気派。

遺伝的要素が絡むのかはわかりませんが、
ウチのチビも、9割がたスグ寝付きます。
あ、ナマ乳首は必需品ですけど。

添い乳しながらウトウト。
瞼を閉じてスピー。
乳首抜かれた後もエア乳首。

だったんですよ。

うん、「だった」んですよ。


気づいてくれました?過去形に。


ええ、そう…。
ここ数日、彼は変わったわ…。(窓の外を眺めながら)(え、何キャラ?)


つかね、マジ変化が訪れたんですよ。
添い乳しながらウトウト、は一緒。
問題は、瞼を閉じてスピー、の後ですよ。

おもむろに乳首を放し、
仰向けでスヤスヤですよ!?


ちょ、え!?


って、なりますやん。
最初は偶然?とも思ったんですけど、
もう数日続いてるんですよね。

何かね、遠い未来を垣間見た気がした。

お前…まさか、エッチ終ったら「おやすみー」って、
速効背中向けて寝るような男になるんじゃないだろうな?


いかんいかんいかんいかんいかんいかんいかいかん!


えーと、そんなのお母さん許しませんから。
チビには、老若問わず、とにかく女に優しい男になってほしいの。
それが背中向けて速効寝るだなんて…(ワナワナ)(震える拳)


あ、やべ、暴走してた。(脳内が)

いやー、妄想癖、ここに健在!みたいな。


ま、吸いながらじゃなきゃ寝れない、から、
ちょっとだけ成長したってことなんでしょうね。

ああ、チビが大人になってゆくよ。ふっ…(コートの襟を立てながら)




◆励みになります◆
      ↓

2008年11月18日 (火) | Edit |
今日も元気にガサガサさせながら、
チビが赤ちゃんチラシをガン読みしております。

ちょ、TV全然聞こえないんですけど。

「ほれ、こっちのオーボールで遊びなよ(やかましいから)」
と、チラシの上に容赦なくオーボール置いたら怒られた。
「ンキャーッ!!」とかシャウトされた。

人間臭くなりおってからに。(生ぬるい視線で)



そんなチビが、最近不思議な行動をとるんですが。

たまに、「フ~~~~…」とか、「ハ~~~~…」とか言いながら、
一点を見つめつつ、ユックリ唸ってるんですよ。

わかりやすく例えると、
まるで千葉真一みたいなんですけど。

つか、厳密に言えば、
千葉真一のモノマネをする関根勤みたいなんですけど。

え、何これ。

もしやウンチ踏ん張ってんの?
とも思ったんだけど、1~2日に1回ペースで
相当量と思われるブツを順調に生み出してるから
便秘とは違うんじゃないかなーとは思うんですよねー。

まさか、私の意表をついた新しい遊びか?そうなのか?


もしかして、6ヶ月を間近に控えた赤ちゃんが普通にする行為なんですかね?
それとも関根勤の練習ですかね?(できれば前者希望で)


まぁ、本人至って絶好調で元気なので、
来週、三種混合の2回目接種のついでに、
ドクターに聞いてみようとは思ってるんですが、
なんて説明しようかなー、と。

「千葉真一みたいにするんですけど大丈夫ですか?」
で伝わりますかね?それとも、
「千葉真一のモノマネする関根勤みたいにするんですけど大丈夫ですか?」
の方が伝わりますかね?

どっちにしろ、恥かきそうなので、
もっと控え目な説明を考えておこうと思います。

でも、赤ちゃんチラシがガサガサガサガサうるさくて、
全然集中できませんけどね。トホホ。(目頭おさえながら)





◆励みになります◆
      ↓

2008年11月13日 (木) | Edit |

うわー、何このガス代!
高いんですけどガッデム!
と、検針票見てガクガクブルブルしてたら、
ワシッとチビに奪い取られ、
あっという間に原型がなくなったので、
そろそろ出番かな、と。

そう。
乳児たちの間で噂になってるだろうアレ。
シャカシャカ感がたまらないだろうアレ。

「あー、たまんないね、この感触。」
「ちょ、赤ちゃん新聞じゃん!うっわ、いーなー。」
「俺、どっちかってーとチラシの方がよかったんだけどさー。」
「どっちだっていーじゃん!つか、いーなー、俺も欲っしー!」
「え、お前んチまだ?」
「まだなんだよー、いいなーお前んチー。」


ま、そんな妄想はさておき、購入しました。
赤ちゃんチラシの方。


チビといっしょ生活 チビといっしょ生活
             表                     裏

実際ね、このオモチャ作ってる会社の商品が
思いっきり紹介されてるの。ほんと、マジチラシ。ウケる。

さーて、これでチビに邪魔されずに、
ダイレクトメールとかチラシとか読めるぜいっ!


ユト 「チビ!ほら、大感謝祭だってよ!」


意気揚々と、チビにチラシを手渡しました。



チビといっしょ生活

「あ、チラシ。何々…おかげさまで8周年…」


チビといっしょ生活

「ちょ、このオモチャすっげー!欲っしー!」


チビといっしょ生活

「うわ、この音、最高♥(恍惚)」


つかね、靴下脱げ過ぎ。
ま、それくらいお気に召してくれた。(心の中でガッツポーズ)





◆励みになります◆
      ↓

2008年11月10日 (月) | Edit |
「冷やし中華始めました」
みたいなノリですけど離乳食始めました。

2本目の歯がニョッキリ顔を出したチビのせいで、
乳首の危険に怯えながら授乳する日々ですユトです。


ホントはね、6ヶ月入ってからにしようと思ってたんですよ。
ほら、アレルギーに対して慎重になるなら遅い方がいいって言うし。
つか、離乳食メンドk大変じゃないですかー。

んで、余裕かましてたんですよね。
まだまだ先だしーみたいな。
でもね、Xデーは突然やってきたんです。

先週ね、山形の友人が送ってくれた、
「でんろく豆」ボリボリ食べながらネットしてたら、
物凄い視線感じたんですよ。
「やべ、殺し屋!?」って思ったくらいの視線。
や、別に今まで狙われたこととかないけど。

スッゴイ勢いで振り向いたら、チビ、ガン見してた。
でんろく豆ボリボリ貪る私を、ガン見してた。
ま、ある意味、殺し屋ですけどね。(萌え殺しの)(上手いこと言った)

次の日なんてね、キッチンでNMGを立ち食いしてる私を、
バウンサーから熱い視線で見つめてた。
アーとかポーとか言いながら、クチをモグモグさせて。

無理無理無理。
あの視線を前にして私だけ食えない…っ。
なので予定を大きく早め、離乳食始めることにしましたよ。(プレッシャー負け)


でさ、離乳食ってさ、
スプーンを口に入れるのさえ嫌がったとかさ、
口に入れてもベーッと吐き出したとかさ、
泣き叫んだとかさ、まずそうな顔したとかさ、
いろいろ大変なこと聞くじゃないですか。

ああ…そんな恐ろしい離乳食戦争の幕を、
今、切って落とすわけですよ。
記念すべきこのヒトサジのスプーンがっ…。(ハーゲンダッツのスプーンだけど)




えーと、何からどう説明しようかな?


結果から言うと、3杯は食べた。
最初はヒトサジからって言うから、やめようとしたんですけど、
ンヤーッ!!とか抗議の声をあげてオカワリを激しく要求。

ちょ、食い過ぎ。
しかも滑らかに食い過ぎ。
生まれて初めて食べたくせに、
ズット食ってましたけど何か?みたいな空気、
メッチャかもし出してる。

今のところ順調に離乳食始められそうです。
もしかしたら、4ヶ月くらいからあげ始めた風呂上りの湯ざまし、
スプーンであげてのがよかったのかも。
本人、スプーン全然抵抗なかったみたいだし。(むしろLOVE)


つかさ、何が一番心配かって、
ウンコの臭さに拍車がかかること。(ガクガクブルブル)





◆励みになります◆
      ↓

2008年11月07日 (金) | Edit |
最近、ジャンピングゥ(勝手に命名)に目覚めたチビ。

両脇を支えて抱き上げると、待ってましたとばかりに、
私の太ももをビョンビョンと蹴って飛び上がるんですよね。
チビの気が済むまで。(ガクガクブルブル)

まずね、9キロっていう数字、踏まえて。チョー踏まえて。
んで、

ジャン! (小さく持ち上げる)
ピン! (2回目の小さく持ち上げる)
グゥー!! (腕力の限界まで高く持ち上げる)

チビ 「エッエッエッンゲゲゲゲッ!!(狂喜乱舞)」


って、やってあげるの。
一回でやめると泣くから。
チビの気が済むまで。(ガクガクブルブル)(2回目)

ね、わかるでしょ?
肩とか腕とか大胸筋プルプルのダルダルだから。
大胸筋矯正サポーターも効かないから。
あ、ブラだった。(LOVEゴールデンエッグス)


そんなこんなで、
本気でチビと遊ぶと物凄い疲れる。(本気出し過ぎ)

誰か回復呪文唱えて。(ベホイミ以上で希望)


つか、自分が魔法使いになりたい。
そしたらラリホーとか唱えて、
一発でチビ眠らせるのに。


そんな事、真剣に考えてたら、
私の膝を足掛かりにチビが前進しました。
おっ、親を足蹴にっ…(恐ろしい子)(白目で)


チビといっしょ生活

ちょ、イダダダダダ!!
何その殺傷能力の高そうな力強いつま先!
一瞬にして妄想の挟間から引き戻された。


………。


ラリホー!(寝ろーっ)


…………。


ふ、効くわけないじゃん。
まだレベル低いから覚えてないし。(そうじゃない)





◆励みになります◆
      ↓

2008年11月05日 (水) | Edit |
もう11月5日じゃないですかー。
こんにちわユトです。

や、更新してないの、ゲームのせいじゃないですからね。
言い訳がましいけど違いますからね。
姉貴夫婦が青森から遊びに来てたから、
ネットの海原へ出航しなかっただけですから。


さて、今日もまんまとオンブにヤラれ、
背中でスイッチが切れたように眠りにオチたチビ。(しめしめ)

そのままオンブ紐ごとベッドに寝かせ、
ゆっくりブログ更新&訪問だー、なんて企みつつ、
ベッドに私が腰かけた瞬間、うぇぇぇぇん、だってさ。

うん、背中センサーに加えて、
足の裏センサーが備わった模様。

俺は空中を制する男だぜウェェェン!みたいな。
地上になんてまだ降りねぇぜヒィィィン!みたいな。

もうね、ほんと、何その華々しい進歩。
どんだけ精密になってくわけ?その厄介なセンサー。
つかさ、無くていいから。


んでさ、ベッドに寝かすの諦めて、
オンブしたままゴハン食べることにしたんですよね。

ご飯に納豆かけてマヨネーズをニョロロロロ。(最強レシピ)(そして大好物)


いっただきまーす!と、テンションMAXでカウンターのイスに座った途端、
ヒィィィィンだってさ。足の裏センサーめ。(チッ)(心で舌打ち)

そりゃね、立ちますよ。イスから。
だって奴隷だし。(あ、泣ける)

まあ、大好きなNMG(納豆マヨネーズご飯)を堪能できるなら、
行儀悪いけど立って食べるくらいどうってことないし。
ただね、ここは立ち食い蕎麦屋かっつー話。


んで、気を取り直して、ウマー!とNMGを堪能し始めた途端、
チビの奴、ウェェェェェンだってさ。
脚、ブンブン振りながら。

うん、歩けって言ってるみたい。(王様命令)



あのさ、私、6月で38歳になったんだけどさ、
生まれて初めて室内で、歩きながら食事した。


子育てって深ぇー。





◆励みになります◆
      ↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。