--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


◆励みになります◆
      ↓

2008年09月27日 (土) | Edit |
長い人生生きていく上で、
「笑う」って一番っつーくらい大切ですよね。

実はうちのチビね、まだ高笑いしないんですよ。
私は結構TVなんか見ながら、
かなり頻繁にアッハッハッハー、なんて、
チビの横で高笑いの手本かましてるんですけどね。

でもね、一応笑いはするんですよ。
TV見ながら、あーウケるー、ね、チビ?
ってな感じで笑顔で話題を振るとね、


にやり


んー、まぁ、見方によっちゃぁ若干黒っぽい気が
しないでもないんですが、たぶん気のせいってことで、
可愛らしい満面の笑みを返してくれるわけですよ。

でもね、ほら、もっとこう、キャハハハ!とか聞きたいじゃないですか。
赤ちゃん特有のあの愛らしい笑い声、聞きたいじゃないですか。

さぁ…
何度も試みようと思いつつ、ずっと封印していたあの技…
今こそ解き放とうではないかぁぁぁっ!!


♪ポーポポポポポポーッポーッ!
♪ポポポポポポポポッポッポポーポーッ!
♪ポポポポポポポポポポポポポーッ、ポッポッ!!


一心不乱にGIROPPON。
超ーなりきった。鼠先輩に。
むしろ、鼠先輩降臨、みたいな。

どうよチビ!
お母さんメッチャ頑張ってると思わん!?
シューチシン?え?何それ。
どこの国の首都ですか?っつー勢いで振りつきなんだから!
もしここが家じゃなくて公道だったら、
確実に通報されるっつーくらい、お母さんノリノリなのーっ!


チビ 「ひゃっはっ」


笑ったーっ!!
ぶっちゃけ目だけ笑ってないけど初の声出し笑いキター!!


うん、でさ、
代わりに私が大切な何かを失ったような気がするけどドンマイ。

いやー、これが子を思う親の気持ちって奴?(何か違う)




◆励みになります◆
      ↓

スポンサーサイト
2008年09月25日 (木) | Edit |
うん、気持はわかるよ。
そこ、位置的にも丁度いいしね。
あ、大きさも適度で握りやすいかも。
そうそう、バランス崩しても平気なように、
シッカリとつかまってなくちゃね!

って、それ下クチビルだからイデデデデッ!

力いっぱい爪を立てて握りこむチビの顔が、
黒い笑みを浮かべていないか、確認する日々です。(ごくり)


さてさて。
24日でジャスト4ヶ月を迎えたチビ陛下。
三種混合の1回目行ってきました。
何も知らずにご機嫌なチビ。(ぐふ)

問診を始めるドクターに愛想を振りまく4ヶ月児。
じゃ、始めましょう、と、ドクターの一言で、
看護師さん2人に囲まれた途端、
異変を感じたのか、ウェェェェェン。


ちょ、まだ注射器さえ出してないのに空気読み過ぎ。


察した看護師さん、ハヤワザで注射をブスーッ。
チビ、叫びMAX。(キターッ)

よし、お母さん準備万端だから!
思う存分泣きすがるがいいよーっ!!(ハァハァ)



えとね、針抜いた途端に泣きやんだ。
はい、頑張ったねー、っていう看護師さんに、
フガフガ言いながら笑顔振りまいてた。

え?すがりつきは?
大粒の涙ポタポタは?


ほんと、期待はず我慢強いなー。
私と違って注射とか平気なんかなー、なんて思いながら、
オムツ一丁のチビに服を着せるべく、ベッドへ寝せたその刹那。


え?何そのギャン泣き。
あの痛そうな注射より、寝るのが嫌なわけ?
何?背中ついたら負けとかルールでもあるわけ?
ほんと、お母さん、全然ついていけないんですけどそのライン引きに。


でもね、やっぱ疲れたらしく、
日頃1時間くらいしか昼寝しないのに、
3時間も寝てましたよ。

とりあえずお疲れー。




◆励みになります◆
      ↓

2008年09月22日 (月) | Edit |
今週、三種混合が待ち受けてる事も知らず、
エア乳首しながら幸せそうに眠るチビ。

ああ、きっと泣き叫ぶんだろうな…ハァハァ可哀そうに…。


そんな事を思っていると、何やら香ばしい香りが。

あれ?ご飯炊いたっけ?みたいな。
いやいやいや、炊いてないし。
つか、メッチャ目の前から漂ってくるよね。

あ、どうやら国王陛下のウンコタイムだったようです。
ちょ、覚醒してよ王様。

せっかく寝てるから寝かしとこうか、とも思うけど、
ウンコお尻でカピカピになるじゃん!とも思う訳。

でもウンコついてても死ぬ訳じゃないし、とも思うけど、
チビの大切な「タケノコの里」まで被害被ってたりして、
将来、ふふふ不能になったらギャー!!とも思う訳。

やはりここは、里の被害を最小限にくい止めるべく、
眠りを妨げてオムツを換えるべきかな、と、決断しつつ、
フ、と思った。

赤ちゃんてさ、寝ながらオシッコもウンコもしちゃうじゃん?
おっぱい吸いながらウトウトしつつもウンコしちゃうじゃん?
要は、気が付いたらウンコ出ちゃってるんですよね?

なんかすごいなーって思った。
もし、自分だったら…ってイメージしてみた。


んーっ!(ノビ~)
あーよく寝たーっ!…て、あれ?え!?ちょ、ウンコ出てるしー!!


みたいな。
あるいはコーヒー飲みながら、


あー何か眠くなってきたなー。
そういえば昨日遅かったしな…(うとうと)…はっ!ちょ、ウンコでちゃったよ!!


って感じですよね。


うっわー!!!!
やばいよね?やばいよね?
大人は絶対むやみやたらにウンコ出ちゃいけないよね!?(普通出ません)


いっやー、ドキドキした。
誰もいるわけないんだけど、思わず回りキョロキョロした。
仮にいたとしても脳内の出来事だから問題ないんだけどさ。

そんなこと考えてないで早くオムツ換えろって話。




◆励みになります◆
      ↓

2008年09月19日 (金) | Edit |
私、いつもチビを寝かしつける時、
100%添い乳なんですよ。昼夜問わず。

でね、チビが眠りに落ちるまでの数十分、
チャンスとばかりに、添い乳しながら本読んでるわけ。
まぁ、おもに六法全書とか。

ちょ、投石やめっ…ゴメンて!

おもにマンガですマンガ!
んで、たまに小説です!
ホント、嘘ついて、すんませんでしたぁっ!!(土下座)


でね、話し戻しますけど、
いつもは、読書に夢中になってるうちに、
いつの間にかチビの口から乳首が外れてて、
もう乳首ないのにチュクチュクとエア乳首(っていうのか?)
しながら本寝モードに入ってるチビの寝顔に向かって、
おやすみー、と言いながら心でガッツポーズしつつ、
自分の時間を過ごすべく、リビングへ戻るわけですよ。

でー、今回もね、その流れを想定しつつ、
ワンピースの51巻とか熟読してたわけ。
ハァハァする勢いで集中してたわけ。

そしたら、意外に早くやってきた乳首の開放感。

おっとぉー、今夜は早いじゃん。
長めの散歩が効いたかなーむっふっふー、
なぁんて思いつつ、視線を胸元へ落とすと、
チビ、一緒にワンピース見てやがった。
しかもニヤニヤしながら。


まいった。
そういえばここ最近、一緒に仰向けになりながら、
絵本読んであげるようになったんだよね。

今まで私が読んでる本なんて、
微塵も興味しめしたことなかったのに。

確実に成長してるし。

感心すると同時に、
落ち着いて読書に集中できる貴重な時間が
また一つ失われて、若干トホホな気分。

やー、でも、どんどん人間らしくなってくる、
チビとの今後の生活に、どんな波乱が巻き起こるのか、
恐ろしいようで非常に楽しみであります隊長!(え、誰っ?)




◆励みになります◆
      ↓

2008年09月12日 (金) | Edit |
ゴロゴロ寝転がってガーゼと戯れるチビを眺めながら、
フ、と思ったんですけど、何そのプクプクの頬っぺとか、
プクプクの太ももとかプクプクの足の甲とか。

一体全体何が詰まってんの?


ま、まさか、夢や希望がタップリ詰まってんじゃ…(ごくり)


ちょ、誰か私をとめて。(他力本願)


そんなプニプニのチビと一日中遊ぶ日々。
今日もご寵愛賜ろうと、ご機嫌伺いつつ、
ガーゼと戯れるチビの横へ寄り添ってみました。

イダダダダダダダーッ!!!!


モッ、モミアゲッ…毛っ…ちょ、イダッ…!(ブチブチ)

えと、固く握りしめられたチビの拳に髪の毛5本くらい挟まってた。
うわー、しかも何?その達成感みなぎるイイ顔は。


まぁ、しょうがないよね、まだ赤ちゃんだもの。

気を取り直して、チビにピッタリ添い寝しながら、
後頭部のフワフワ毛に顔を埋めつつ、
チビ~、と囁きながら、フガフガとインコ臭さを堪能。

ガッ!

イダッ!

ちょ、何?今の裏拳!
お母さんの眼球にクリティカルヒットしたんですけど。
狙った?ねぇ、狙った!?


いやいやいや、たまたまだって。
貫禄あるけど所詮は赤子。
この世に生を受けてまだ数か月。
そんな腹黒さ、持っててたまるか。


ユト 「よーし、お母さん、ラブラブ抱っこしてあげるよー!ギュー!
    チビ大好kオェェェッ!


縦抱っこでギュッと抱き寄せた瞬間、
思いっきり口の中にコブシ捻じ込まれた。
うん、軽くえづいたよね。

やー、なんつーの?
成長の証だって解ってるよ?解ってるんだけどさ、
実は私の見えないところで、
ニヤリとほくそ笑んでるんじゃないかって、
思わずにはいられないんですけど。




◆励みになります◆
      ↓

2008年09月08日 (月) | Edit |
チビといっしょ生活


のっけから何が言いたいのかって、
この前のアレルギー検査、全項目クリア!

チビのアレルゲン警戒の参考にと、
私が話の流れ的に、やむを得ず受けた、
メジャーな13項目アレルゲン、

カモガヤ・ブタクサ・ヨモギ・スギ・ヤケヒョウヒダニ・ハウスダスト・
卵白・ミルク・大豆・カニ・エビ・動物上皮・カビ

以上、すべてにおいて、スコアーゼロ。擬陽性なしのチョー陰性。

もうね、勝訴っ!勝訴っ!無罪でしたー!!
って叫びながら紙握りしめて、最高裁から飛び出してきたい心境。

ね、テンションあがるじゃん?
今夜は脳内宴だー!飲む妄想するぞー!ってなるじゃん?(授乳中だからね)


ユト 「やった!先生!花粉症とか全然大丈夫なんだ!?嬉しーっ!」

ドクター 「うーん…まぁ、そうなんですけどね…」


ちょ、どうしたのさドクター。
その煮え切らない反応はー。
ほらほら、テンションあげてよー。


ドクター 「このメジャーなアレルゲンに原因がないとすれば、
      ユトさんのアレルギー反応は、もっとマイナーなものに反応してるわけで、
      それを特定させるのが、難しくなってくるっていう事なんですよね…。」


あ。

だよね。
うっかり喜んじゃったけど、
アレルゲン特定の謎が深まるばかりっつー事だよね。


ドクター 「ま、気長にコツコツ探すしかないですねぇ。
      何か気付いたモノが4項目くらい目星付いたら、また検査しましょう。
      うん、あせらずにね、がんばりましょうね。」

ユト 「あー…はい、気をつけて探してみます。」


えーとね、全然「勝訴」じゃなかった。
つかさ、もう何か…面倒くs…いや、頑張るかー。(テンション低っ)



◆励みになります◆
      ↓

2008年09月05日 (金) | Edit |
今日もチビの足指を眺めながら、
うっかり銀シャリ3杯食べちゃいました。

なーんてね、ウソウソ。
2杯しか食べてない。


そんな冗談はさておき、
先日はチビの3ヵ月健診へ行ってきましたー。

7670グラムの62センチ。(標準値MAX)
首、すわってるけど、すわりたてホヤホヤらしく、
オンブはまだしないでね、と、ドクター。

今回の検診には結構な数の赤ちゃんがいました。
噂によると、4、5月生まれが結構多かったようです。
30人以上いたかなぁ。
おお、5月生まれがこんなに…と、
若干嬉しくなりましたよ。

チビのご機嫌が心配だったのですが、
私の心配をよそに同級生たちに微笑み、
話しかけてくるママさん達に微笑み、
保健婦さん達に微笑み、
あげく、ドクターにまで微笑み、
え?何?営業部長も兼務ですか?王様。
と突っ込み入れたくなるくらいの仕事っぷりでした。

そして、今日の外交だか営業だかで力尽きたのか、帰ったら爆睡ですよ。
日頃、添い乳じゃないと寝ない奴なのに勝手に眠りにオチた。
しかも昼寝でなんて、めっちゃミラクル。そしてラッキー。


チビといっしょ生活


お疲れ様でした、王様…兼、営業部長。




◆励みになります◆
      ↓

2008年09月02日 (火) | Edit |
んがーっ!!
Sサイズのオムツ、もう限界なんですけどーっ!!

あと20枚くらい残ってるよ。
チビよ、キツキツだけど頑張れ!(人生初の試練)(違っ)


それはさておき。
赤ちゃんのパーツって小っさくて可愛いですよねー。
そんなキツキツおむつ装備中のチビのパーツも、
大人と比べたら、やっぱ小っさくてキュート。
口に頬張りたくなる。(ハァハァ)(not変態)

例えばコレ。


チビといっしょ生活

ちょ、ポ、ポークビッツだよね?(ハァハァ)


んでもって、コレ。


チビといっしょ生活

ナ、ナメコはえてる…っ!(ムハーッ)(ゴロゴロゴロ)(床のた打ち回り中)

はぁ、はぁ、はぁ…(息切れ)

こんなに愛くるしいのにさ、
プニプニのヤワヤワなのにさ、
あと12~3年もすればさ、
サイズ27センチとかになったりしてさ、
スネ毛なんてワッサーとか生えちゃってさ、
挙句の果てに足の指毛とかも生えちゃってさ、
面影なんてコレっぽっちもなくなるんだよなー。

なので思う存分口に頬張りたい撫でとこうと思います。




◆励みになります◆
      ↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。