--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


◆励みになります◆
      ↓

2008年04月30日 (水) | Edit |
36W1D…とうとう臨月ですよ。
at lastですよat last。ふぉぉぉぉっ!(何となく叫んでみた)


そして今日、36週の妊婦検診でした。
もうこれから毎週です。


今日はエコー技師さんの技術による、
こと細かな腹のチビチェック。

今回の彼は爆睡中のようで、
エコー技師さんにより、好き放題見られまくり。
あんな角度やこんな角度、
恥ずかしい胴体の輪切りやら寝顔やら。

うっふっふ…呑気にグッスリと眠っていらっしゃる。(Sゴコロがムクムク)


今回から内診がもれなく追加になるようで、
ドクターによる触診&オリモノ検査&採血。

助産師外来→エコー検査→採血→内診を、
一通りこなした後、ドクターに呼ばれ診察室へ。


ドクター 「あ、ユトさん、お待たせしました~。」

ユト 「先生、こんにちわー。」

ドクター 「体重管理もOK!血圧もOK!尿検査もOK!
      羊水の量もOK!赤ちゃんも2600グラムでホボ標準ですね!
      うん、問題ないです!」

ユト 「ふー、よかった。特に私の体重が。」

ドクター 「体重、いいですねー。このまま頑張ってくださいね。
      それと子宮口がイイ感じで指1本分くらい開きかけてきてます。」

ユト 「え゛えっ!?


ちょっ、何!?
ひひひひひひらっひらっ開きかけ、て。

いつか言われるんだろうなとは思ってたけど、もうなの!?
ねぇ先生、もう!?

つか、本当に、私にも子宮口開く、とかそういう機能あるんだ…。(どきどき)


ユト 「せ、先生、子宮口とか開いた隙間から、汁とか何か出てきたりとかしししな…。」

ドクター 「だ、大丈夫ですユトさん!まだまだ、何も出て来ません…から…っ」


うん、ドクター、声震えてた。
笑い堪えて。

私、咄嗟に言っちゃったけどさ、
やっぱ、何の心構えもなく「子宮口開きかけてます」とか
サラリと言われると普通焦るじゃん。
や、以外とビビリよ?私。

でもブッチャケ言ってから、シマッタ!って思ったのは確か。
ドクターの言葉に安心して、落ち着いて周り見回したら、
看護師さんとかね、普通に笑ってたから。

うん、恥ずかしいよね。後の祭りだよね。
できることなら、貧血とかで気失いたかった。


お散歩がんばってね、ユトさん!
という、ドクターの笑顔のエールと共に、
診察室を後にするのでありました。


えーと、会計、1万3千円。(泣けるね)


明日から5月ですね…うふふ、あはは(現実逃避)





◆励みになります◆
      ↓

スポンサーサイト
2008年04月28日 (月) | Edit |
35W6Dになりましたユトです。
妊娠9ヶ月、最後の日。
明日から臨月。

臨月っ!?

やー、もうそんな時期かー。


この前の検診時、助産師さんが、
「ユトさん、母親学級は向こうでどのくらい受けたんですかー?」
なんていいながら、私の母子手帳をパラパラめくり、
「え!?」ってなってた。
あまりの真っ白さに愕然としてた。

うん、1回も参加してないし。

動揺からか助産師さん、前のページもめくって見てた。(いやいや、ページそこしかないし)


ユト 「えーと、平日だったんで…つい仕事優先しちゃって。(てへ)」

助産師 「あー、うん、そっかー。えーと、一度も?」

ユト 「やっぱ…マズイですかね?」

助産師 「うーん、1回は出た方が…うん…やっぱり…ね?」

ユト 「あー…じゃぁ出てみます。」


なんかね、穏やかに会話が進行してるチックですけど、
助産師さん、メッチャ焦ってた。

まずかった?
母親学級とか普通にガンガン参加すべきイベントだった?
ましてや初産ナメてた?


半ば強制的に参加させられた母親学級は、
さすが、限界ギリギリまで母乳育児で行きますというスタンスの病院らしく、
海外の、母乳を上手に与えるノウハウやら、心構えやらのビデオ鑑賞と、
出産からカンガルーケアへの流れやら、その効果やら成果と、
陣痛で苦しむお母さんも大変だけど、赤ちゃんも大変で、
メッチャ頑張るので、初の二人の共同作業ですよー、みたいな内容でしたよ。

そして悟ったのは、
安産だろうが陣痛の痛さとエイン切開からは逃れられないのだ、
という事でした。


そして、私の母子手帳には、めでたく、
最後の最後に滑り込みで母親学級のハンコが1個つきました。

何かメンボクたった感タップリで、心満たされてます。むふっ。



◆励みになります◆
      ↓

2008年04月24日 (木) | Edit |
35W2D。
横に寝ても仰向けに寝ても、腹が落ち着きません。
寝返りを打ち続け、日々研究のユトですコンニチワ。


さて。
実家に里帰りしてから約3週間が経ちました。

え゛!?
まだたったの3週間!?

なんかね、腐りそうなくらい滞在してる気がしてた。
まだ3週間かい。

日々、ネットの波間を漂い、(もっと更新すればいい)
DSにウツツをぬかしたり、携帯のワンセグをガン見したり、
漫画読んだり雑誌読んだり。
ね、これだけだと完璧な引き篭もりですよね。

THE☆引き篭もり(notつのだ☆ひろ)


でもね、そんな生活、絶対マズイでしょ?
なので、ちゃんとオカンと近所の大きな遊歩道のある公園を散歩してますよ。
あとね、買い物も一緒にテクテク歩いて付いて行ってるし。

で、買い物行くとね、凄いの。
何がって、オカンの攻撃が。


「イチゴ食べる?」に始まって、「から揚げは?」とか、
「イナリ寿司好きでしょ?」とか、「ラーメンは?」とか。


もうね、最初の頃にね、言ってるの。
口が酸っぱくなるほどコンコンと語ってるの。

果物は摂るなっていわれてるよーとか、
塩分控えてーとか、カロリーの辻褄あわせてーとか。

だから買い物行く度に、
「うん、好きなんだけどさー、食べないようにしてるんだよねー」って、
キーキーしないように、瞳孔開き気味で半笑いのまま、
やんわりとお断りするんですよ。

そーするとね、あっ、そうだったわね、とか思い出すんですけど、
数分後には、お菓子は?とか、ジュースは?とかね、
もうホント、マジ手強い。

何?
アヒルじゃあるまいし。
太らせて食うつもり?とかね、
思わずヤな妄想しちゃうじゃない。胎教に悪いじゃない。


つかね、ある意味、ラスボスに匹敵するくらい手強い。





◆励みになります◆
      ↓

2008年04月19日 (土) | Edit |
34W2Dだった17日、妊婦検診へ行ってまいりました。
桜が満開になりつつあります青森県からどーも、ユトです。


転院先の病院は、週数によってドクターの検診と、
助産師の検診が決まってるらしく、
毎回チビの大きさを計るわけではないようです。
で、今回34週検診は、助産師による外来とエコー。

ぐふ…ぐふふ…。
体重が1キロ減ってました★

オカーサマ!
修行僧料理栄養バランス最高の低カロリー食をどうもありがとう!!

ま、便秘が改善されたっつーのもあるんですがね。(腹の中どんだけウンコよ)

助産師さんからはメッチャ褒められた。
まだ余裕はありますけど、このまま産めればベストですね!って。


ベスト…ああ…何て素晴らしい響き…。


つかね、あと1ヵ月は軽くあるからね。
油断しないようにしようっと。
きっと気を緩めると坂道を転がるようにね、
体重がね、増えると思うしね、うん。

で、前回採血したんですけど、
何かアレ、貧血の検査じゃなかったみたい。
助産師さんが何か言ってたけど何の検査だったか忘れました。てへ。

腹のチビもモニター越しに元気そうでした。
心音も軽快なリズムで響いてました。
ラッセラーラッセラーって。(ちょ、それネブタ)
問題なし。(大問題)

冗談だから。
ちゃんと心臓の音でしたよ。


今回、何が問題かって、助産師の手によるオッパイチェック。
あー…なんつーの?

乳首の根元と乳輪のあたりを、親指と人差し指で摘んで
ギリギリギリーッ!と捻られた瞬間、
あまりの痛さに思わずグフッ!って笑った。

いやいやいや、スッゲー痛い。
噂には聞いていたけど、スッゲー痛い。


ユト 「グッグフフッ…い、痛いんですけどっ!?」

助産師 「うん、痛いんですよね~我慢してくださいね~(いい笑顔)」

ユト 「グフッ…いだっ…痛゛い…グフッ…」

助産師 「んー、まだ開通してないみたいですね、お風呂の時に
      同じようにやってみるようにして下さいね。」


新たな試練ですよ。
体重管理に次ぐ新たな試練。
恐るべし妊婦生活。



◆励みになります◆
      ↓

2008年04月14日 (月) | Edit |
33W6Dのユトです。
スピードの失われたネット環境からコンニチワ。

ああ切ない。
ブロードバンドの有難さがマジ身に沁みます。


さて、転院前の病院で処方された鉄剤の服用が終わったのと、
尚且つ、オカンの野菜タップリの修行僧みたいなヘルシー料理のおかげで、
日々、滑らかな便通を迎えております。

ああ、本来の私のあるべき姿よ、久しぶり…

こんにちわウンコ(排泄)
行ってらっしゃいウンコ(下水管へ)


あーすいません。
青森県くんだりまでやってきてウンコウンコって、
37歳にもなって駄目大人ですね。

でもね、17日の34週検診での採血検査の結果がアウトだとね、
また鉄剤出るんですってよー。

また便秘と戦うわけですね…。

つか、なんで便秘?
鉄剤の副作用って、嘔吐やら胸焼けやら胃痛やら下痢やら、
便秘以外に沢山あるじゃないのさ。

それより「体重減」っていう副作用ってないわけ?(ないだろ)


さぁ、結果はいかに?
私のヘモグロビンよ、頑張れ!




◆励みになります◆
      ↓

2008年04月09日 (水) | Edit |
いやいやいや、ご無沙汰してます!

33W1Dも元気に迎えてますユトです。
青森県G市からコンバンワー。

愛用のノートパソコンとDSと携帯電話と共に移動してきました。
ただね、実家にネット環境が整ってないので、
やむを得ず、ウィルコムのデータ通信カードになっております。

若干スピードにイラッってなりますが、
ネット出来るだけ、マズマズ良しとしなければ。(やだ謙虚)


さてさて、旦那ッチの風邪ですが、
努力むなしく、しっかりキャッチしました。
出来ることなら愛を受け取りたかった。

や、冗談。
愛ならいつも貰ってる。


そんな事はどうでもいいですね。
で、とりあえず姉貴に付き添ってもらって、
転院先の病院へ妊婦検診デビューを果たしました。

チビは動きまくり、頭部や胴体の輪切り画像を撮ろうとするドクターを
かなり手こずらせてました。

一通りチェックを済ませたあと私に説明すべく、大腿骨を映したドクターが、
ユトさん、ほら、太ももの…と言いかけた瞬間、サッと画面から脚を引くチビ。

や、気まずいから。
先生メッチャ焦ってるし。
あ、あれ?どこ行った…!?って、先生軽く動揺してるし。

あのね、前の病院と違って、かなり機械が新しい。メッチャ最新。
多分、心の中で私が、スッゲー!最新!うぉー!とかテンション上がってるのが、
チビに伝わってるんだと思う。

んで、何か知らないけど僕もウォーッ!みたいな。

ほんと、先生ごめんなさい。


あと、体重管理。
私の母子手帳を見て、後半これだけの増加で抑えてるって事は、
かなり頑張ってらっしゃったんですねーみたいな事言われました。

これ以上増やせとは言いませんが、あまりキリキリ食事を抑えないで、
栄養バランスよくして、ストレス溜めないように過ごして下さい、だそうで。


女神様…いた…。(感涙)


いやいやいや、でもね、お気持ち有難く頂戴しますが、
体重管理は今までどおり、最後まで気を引き締めますヤッパリ。
だって、ずーっと過ごしてきた内の、あと1ヶ月チョイだもんね。
前の病院も、厳しいながら親身に接してくれるイイ病院だったしね、
だから、義理立てじゃないけど最後まで貫き通そうかな、なんて。


で、運動量が減るだろう、実家生活。
がんばりますよー。(極力ね)



◆励みになります◆
      ↓

2008年04月01日 (火) | Edit |
32W…9ヶ月に突入です。
うわーうわー9ヶ月ですって!どうしよう。(どうしようもないけど)

予定通りだとすれば、マルッと8週で出てくるわけですね。
でも1週間くらいは前後する可能性もあるかもしれないわけで…。

自分、ちゃんとチビ出せんのかなー、と思いながら、
もしかして中のチビも、自分、ちゃんと出れんのかなー、なんて思ってたりして、
腹の中で一人悶々と、この壁がギューッってなったら、背中の方を向いてー、
えーと、手は胸の前で組むようにしてー、んでー、あー、回転上手くできっかなーなんて
結構マジでシミュレーションしてたりして…

ふっ…なんてね。
やばいやばい。妄想もこのくらいにしておこう。


さて今週末、旦那ッチに三連休にしてもらって、
義両親の在住する秋田県へ一泊、
んで、私の実家がある青森県へ里帰り予定なんですよ。

結構な長距離移動。
特に疲れるだろうと思われるのは運転手の旦那ッチ。
ここは是非とも体調万全にしておいてもらわないとね、仕事もシンドイよね。


なのにね、この土壇場に来てね、
旦那ッチ、風邪引いた。

あーヤバイね。
週末に長距離運転がひかえる旦那ッチの体調は、モチロン心配だけど、
風邪引いてシンドイのに薬が飲めない状況がどんだけヒドイもんかってのも、
ワタクシ、身をもって妊娠初期に経験済み。

よって、あと数日しか一緒に生活できないのにね、
旦那ッチは寝室のベッドでジックリ寝てもらって、
私はリビングで腹のチビと一緒に寝てます。
ずーっと続けてる、行ってらっしゃいのチューも、
おかえりなさいのチューも、危険でできませんから。

もー、参った。

私が思うに、旦那ッチね、
子供の頃、学校行事前日なんかに風邪引いたタイプなんじゃないかと思う。
ほら、よく居るじゃないですか。
遠足の前日とか当日に熱出して参加できなかったりする子供。

多分8割方そんな気がする。
現に数年前、初めて姉貴が遊びに来るっていう前日にギックリ腰になったしね。

他にもね、何でよりによって今日なの!?っていう時に、足の甲を亀裂骨折したりね。


(遠い目)


ま、頑張って肉食ってもらって、風邪治してもらおうと思います。




◆励みになります◆
      ↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。