--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


◆励みになります◆
      ↓

2011年12月17日 (土) | Edit |


チビといっしょ生活

あえて「パタリロ的フォルム」とでも言いましょうか。

この角度から見る幼児のこのラインはたまらないモノがあります。


この前、押さえきれない衝動に駆られて、

食事中人差指でプニュプニュ押したら、

「ちょっとぉ~やめて下さいよぉ~」って言われました。

想定外の反応にどうリアクションとったら正解なのか瞬時の判断ができず、

素で「あ、失礼。」と返すことしかできませんでした。


まだまだ修行が足りませんね。(え、何修行?)






◆励みになります◆
      ↓

スポンサーサイト
2011年07月23日 (土) | Edit |


チビといっしょ生活


もうね、なんつーの?

子供って無条件で粘土大好きだと思ってました。

チビのまさかのテンションの低さに驚きですよ。

他の親子はね、そりゃもう楽しそうに仲良くペタペタしてました。


え?

お皿?

私一人で作りましたけど何か?






◆励みになります◆
      ↓

2011年06月16日 (木) | Edit |

えー、ウチから車で数分のN駅には、

隣接するようにサッポロビール園仙台工場があるんですよ。

んで、COOPもあるんですよ。そう、生協。


大概は、COOPでやっすい食パン買って、

駅の横で金太郎(貨物列車)数本見送って、

ビール園にいる鯉やらスズメやらに食パンあげて、

またCOOP行って買い物して帰る、ってパターンなんですが、

この前ね、ビール園の園庭で遊んでたチビがね、

お母さんっ!お母さんっ!って、興奮しながら呼ぶわけ。


チビといっしょ生活


うん、まぁ、正直な気持ち、そう思った。


幼児の感性なんて、私自身35年以上も昔の事なんで、

さっぱり思い出せませんからね。


とりあえず、間髪いれずに

「うわぁっ!カッコイイ!お母さんも欲しい!」とか言いましたが。


ああ、また、優しい嘘をついてしまった。(いい事言った!)(←自画自賛)



現在、家の玄関前に数本の「カッコイイ棒」が置いてあります。

何このオブジェ。






◆励みになります◆
      ↓

2011年02月25日 (金) | Edit |

「いいこいいこしてたら、おとうさん、はやくかえってくるかなー?」


というレベルの長文を話せるようになったチビ。

発語が遅かったチビの日本語レベルが、

2歳9ヶ月にして、やっとこさ長い文章話せるレベルに。


でさ、最近誘ってくれるようになったわけ。


「おかあさんも踏切りステーションしよっかー?」とか、

「チョコベビー食べよっかー?」とか。



いいよね。

一緒にって。(グッ!)(鼻血押さえながら親指立てつつ)




でさ、よく誘われんの。



チビといっしょ生活



何か違うくね?


それって友達と買い物とかしててさ、

ちょーっと喉かわいたよねー少し休もっかー、みたいな時に、

「コーヒー飲もっかー?」ってなるのが正しい感じだよね?


うん、「一緒に飲む」が大前提だから。

ココ大事。



え?


あぁ、まだ頑張ってますよ私のティ首。


「オヤジ!もう俺に任せて隠居してくれよ!」

「馬鹿言え。まだまだお前にゃ任せられん。」

「でもオヤジの体が心配だから…」

「お前に心配されるほどヤワじゃねぇよ。まだまだ大丈夫だ!」

「オヤジ…」


ってな訳で、私のティ首、チョー現役ってこと。(遠い目)






◆励みになります◆
      ↓

2010年10月26日 (火) | Edit |

つい最近、新しいセンテンスを習得したチビ。【参照記事】

もうね、自信満々で激しく使いまくり。

チョットした物音に敏感に反応する日々。



「なんの、おとー?」


「んー?食器洗い機が食器洗ってる音ー」


「なんの、おとー?」


「えーと、換気扇まわってる音ー」


「なんの、おとー?」


「あー、人参切ってる音ー」



と、まぁこんな感じで「何の音」攻撃ハンパない。

でもね、ここでイラッとなるわけにはいかないじゃないですか。

せっかく会話できる楽しさを習得しつつあるわけだし。

なのでユトさん、穏やかなアガペーの愛でもって、全て答えてるわけ。



ああ、聖母マリア、ここに降臨。



なんて。テヘ。(あ、ちょ、投石とかヤメテ)



そんなさなか、ささやかな乾いた音が響きました。




チビといっしょ生活



聖母マリア、即、天にご帰還。

「あ、ちょ、急用思い出したんで」みたいな感じで、

そそくさと帰ってった。


もうね、ユトさん出すつもりじゃなかったから、

ウッカリ動揺しちゃってサクッと答えられなかったわけ。

そこをね、これでもか、って攻撃してきた。

アガペーの愛?んなもん、どうでもいい。


つかさ、何この罰ゲームみたいな感じ。



おかげでユトさんの肛門括約筋が、

自宅にいるのにもかかわらず常に緊張にさらされてます。


私の括約筋、ストレスにやられたらどうしよう。
アロマとか焚いた方がいいですか?

括約筋の為に。



ちなみにチビ、自分のオナラにもニヤニヤしながら

「なんの、おとー?」とか聞いてきます。


将来、罪をなすりつけられる予感全開です。

「あ、お母さんオナラしたー、臭-い」みたいな。

しかも公共の場とか恐ろしいシチュエーションで。



マズイ。

近いうちに対策を練ろうと思います。






◆励みになります◆
      ↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。