--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


◆励みになります◆
      ↓

2009年01月19日 (月) | Edit |
最近やたら一人遊びが得意になったチビのおかげで、
嬉しいくらい家事がはかどる今日この頃。

ああ、こんな日がやってこようとは…。

ほんの数か月前までは、
「抱っこされないと死んでしまう病」で、尚且つ、
「下におろされると死んでしまう病」を患ってるんじゃないかっつーくらい、
抱っこ抱っこ抱っこ乳抱っこ抱っこ抱っこ乳抱っこ抱っこだったのに。

いつのまにやら精密な背中センサーは鈍くなり、
私が「絵本読んで遊ぼうよ!」と誘ってもシカトこくくらい、
一人遊びに熱中するようになりました。

こら、無視すんな。(あ、泣きそう)


ま、冗談はともかく、チビが遊んでる間に掃除機をかけようと、
隣の寝室からリビングへ掃除機を運んできたんですよね。

今まではおんぶされながら見下ろしてた掃除機が、
今、自分の目の前に現れ、テンション高めに挑むチビ。
楽しそうにアーウー言いながら強気に掃除機をペチペチ。

うんうん、と、微笑ましげに思いつつ、
掃除機のスイッチをオン。
刹那、掃除機の後部から噴き出す強風が、
チビの顔面を直撃。


もうね、アワワワワワワワワワってなってた。
パニックって、こういうこと?みたいな。
フガフガ言いながら両腕をブンブン振りまくり、
あげくバランスを失ったチビは、そのまま後ろへ倒れてった。

うん、若干スローモーションかかって見えた。


ウワァァァァンッ!ヒーンッ!!ヒーンッ!!


キタ       !(心の声)

すぐに体勢を立て直し、
大泣きしながらも高速ホフク前進でニジリ寄り、
早く抱けとばかりに私の足元へ縋りつくチビに、
「大丈夫!?チビ、怖かった!?ゴメンゴメン…」
って言いながらも、たぶん私、スッゴイいい顔してたと思う。
鏡見てないけどマジ自信ある。


何度
想いを
募らせただろう
夢にまで
見るほどに


もうね、ポエムだって作っちゃうっつーの。
いやいやいや、ほんと、仕方ないっつーの。
だってさ、BCG接種しようが三種混合3回打とうが、
泣かないんだものこの人。

強く願っても叶うことのなかった夢が、
生後8ヶ月を目前に控え、今こうして現実に…!


オンオン大泣きしながら、抱っこする私にギュムっとしがみつき、
私の足元にたたずむ掃除機を睨みつけるチビ。


オーッ!ジーザスッ……!!(天を仰ぎつつ)


ハァハァ…すんません…ハァハァ…
「泣き縋られる」って、最高ですね…ハァハァ…

当分これだけでご飯3杯は軽いかと思われます隊長!(激しく敬礼)





◆励みになります◆
      ↓

スポンサーサイト
2009年01月14日 (水) | Edit |
う゛ー。
相変わらず右側の肩というか首というか背中というか
肩甲骨と背骨の間というかが痛いですよユトです。

1回病院行って、8割方回復したんですが、
次の日起きたら1割ほどまた戻ってて、
結局3割方痛いままです。(どんな説明)


それはさておき、皆様に問いたい。
坊ちゃん嬢ちゃんの寝相について。

最近、あれ?って思ったんです。

チビの場合、寝始めは仰向けなんですよ。
基本、大の字です。(ちっちゃいけど)
で、添い乳命な男なので、首だけ横向きながら、
乳首くわえて眠りに落ちて行くわけ。
たまに寝たあとエア乳首になってるけど。

途中眠りが浅くなって数回フニャフニャしてるときも大の字。
顔の向きが左右にジタバタする程度で、
朝の目覚めまで仰向けなんですよね。
もちろん大の字。
え、初期設定なの?

ちなみに、時計でいう6時の状態で寝るんですが、
朝も6時のまんまです。
7時5分とか、10時20分とかにもなることナシ。


つまり、怖いくらい寝相良過ぎ。


えーと、人って、寝てる間に何かの事情で
体勢たくさん変えるらしいじゃないですか。

何でこの人横向いたりしないの?
昼寝してても、寝返りしたり横向いて寝てるの
一回も見たことないんですけど。


ちょ、大丈夫なの?生物学的に。あわわわわわ。


日中、動き過ぎで疲れまくってるとかなの?
すさまじいホフク前進で疲労困憊状態で
寝返りすらできないの?

それともスイッチとか切ってんの?

お母さん理由が知りたい。


つか、これから寝相悪くなるんですかね?

みなさんとこはどうですかー?




◆励みになります◆
      ↓

2009年01月09日 (金) | Edit |
朝起きたらね、首回らなくなってた。


あ、借金のせいとかじゃなく。


多分ね、原因は添い乳。
寝ぼけて、おかしな体勢のまま夜中に添い乳してて、
寝違えた模様。ウケる。

いやいやいや、ウケてる場合じゃなくて、
マジ、ハンパなく痛いのよ。

しかも、上も下も右も左も向けなくて、
寝た状態から起き上がれないんだから。
まさにひっくり返された亀。
うがっ、ぐあっ、いだっ…って、
もがきながらも撃沈ですから。

いやー、肩の筋肉って、
いろんな体勢で使ってるもんなんですね。
改めてその仕事量に感心した。(してる場合じゃない)


それでね、王様、容赦ないから。
満面の笑顔で、「これ、よを抱っこするのじゃ!」ですから。

もうね、身の危険感じた。
38歳の体にムチ打つのには、
限界って、あるよね。てへ!(親指立てながら)

なので旦那ッチにチビを頼んで、
近所の整骨院行ってきました。


うん、たった1回の処置で8割方回復。
東洋医学スゲー。

こうやって、ヒーコラヒーコラ母修行してる私を尻目に、
チビの奴は、物凄い勢いで成長してる。



7本目の歯、生えて…きてる…(ガフッ)(吐血)

えーと、これで上4本、下3本になりました。
喜ばしいような、生え過ぎて不安なような…。

とりあえず、寝る前のガーゼ歯ブラシに、
ますます時間がかかるんだなー、と。(遠い目)





◆励みになります◆
      ↓

2009年01月06日 (火) | Edit |
新年おめでとうございます!

帰省してる間に気づけばもう新年あけまくり。
皆様、昨年中は大変お世話になりました。
2009年も、この自称育児ブログをよろしくお願い致します。


えーと、この年末年始の間で、
チビがずいぶんレベルアップしちゃいまして。

一体いつの間に経験値稼いだわけ!?
って、マジ問いたいくらい。


チビといっしょ生活
チビといっしょ生活


年末にね、よくこのクラウチングスタートするんじゃね?
っていうポーズはしてたの。
「俺はやるぜ」みたいな。

でね、なんかね、年明けとともに自分からお座りできるようになってた。
んで、お座りからうつ伏せに、流れるように体勢換えれるようになってた。
そして何より、ホフク前進のスピード、ちょーUP。
優秀な自衛官になr(以下自粛)

あれだね、「一緒にトイレ」も遠くない未来だね。(遠い目)

つかさ、年明けとともに出来ること増やし過ぎ。
コイツ、私の寝てる間に筋トレとかコッソリしてたんじゃ…
なんて、ダークな妄想しちゃっても仕方ないよね私が。

おかげで離乳食があげやすくなりました。


チビといっしょ生活


うん、抱っこいらず。

今年も頑張るぞー。(主に私が)






◆励みになります◆
      ↓

2008年12月24日 (水) | Edit |

チビが5ヶ月を迎えてすぐの頃から始めた離乳食。
もう、だいぶ慣れてきた今日この頃。

スプーンを嫌がることもなく、
離乳食自体も嫌がることもなく、
今や10倍粥を卒業して順調に7倍粥へ、
そして難なく1回食から2回食へと、
レベルアップしてきたわけです。


でね、ちょっとね、疑問に思ってるんですけど…

量って?
普通どのくらいの量食べさせるの?


ほら、育児書なんかじゃ、離乳食後は飲みたいだけ授乳、
みたいなこと書いてあるじゃないですか。
だから、うちも授乳のタイミングで離乳食あげてるんですけど、
もし離乳食でおなかいっぱいになっちゃったら、
多分、おっぱい吸ってくれませんよね?

っつーことはですよ?
授乳、一回休み、みたいに、
スゴロクみたいなノリになるわけで、次の授乳時までには、
オッパイ、カツンカツンに張っちゃうじゃないですか。

これはちょっとなー、と思うので、
チビがまだまだ食べれそうな感触を感じつつも、
強制的にゴチソウサマにして、お水かお茶を飲ませて授乳、
っつーパターンの日々なんですが…。

欲しがるなら離乳食で満たすべきなのか、
量はそこそこにして、授乳もすべきなのか、
微妙に今悩んでるんですよねー。

ちなみに昨晩の離乳食。
★7倍粥
★カボチャを野菜スープでのばしてinパセリ
★ヨーグルトinリンゴすりおろし

この量、もしや少ないですかね?

こんな感じのモンを1日2回、完食してくれるんですが、
ウンチも今までと変わらず、1~2日に1回のペースをキープしてるし、
若干、固形に近くなりつつも、問題なさそうだし。(問題は匂いだけ)(ナイススメル)

うーん、でも離乳食の最終目標は、
食べ物からすべての栄養を摂れるようにする事なんだから、
後の授乳とか考えないで、欲しがる分あげるべきなのか…。

んがー、悩むなぁ。



はっ…!

何か、育児ブログっぽくないっスか!?(ドキドキドキドキ)(トキメキ過ぎ)


あ、そうだ。
チビ、今日で7ヶ月になったんだ。




◆励みになります◆
      ↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。